無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス

金色書店

Jazz

2016年1月 1日 (金)

2016年は、一度聞いたら、耳から離れることのない「地下室のメロディ」でおめでとう!

高倉健が亡くなって1年が経つ。
『高倉健インタヴューズ』という本の中で、
彼はジャン・ギャバンについて、こう語った。

「(演技の)お手本というか、
 好きなのはジャン・ギャバンですねえ。

 あの人、神父さんでも、マフィアのボスでも、
 ボクシングのマネージャーでも
 何でもやるでしょう。

 そして、
 派手に笑うわけでも、涙を流すわけでもない。
 走ってるシーンなんて想像もできない。

 それでも、あの人の演技からは悲しさと喜びが
 確実に伝わってくる。
 セリフでも動作でもない。
 ただ黙ってカメラを見つめてる表情のなかに
 感情の動きが表現されてる。

 『地下室のメロディー』って映画のなかで、
 (アラン)ドロンがドジったせいで、
 せっかく盗んだお金が隠してあったプールの底から
 パーッと浮いてきちゃうところがあるでしょう。

 普通なら愕然とした演技をするんだろうけれど、
 あの人は平然と新聞を読んでいるだけなんです。
 それもサングラスをかけたままで……。

 感情を表現するとき、俳優にとって
 目はいちばん大切な武器になるんだけれど、
 彼はその武器をあえて捨ててしまえる自信が
 あったんでしょう。

 観客はその捨てたものの大きさを想像しながら
 感動するんじゃないでしょうか」

Jgavan

あの高倉健さんがべた褒めするジャン・ギャバンと
永遠の2枚目スター、アラン・ドロンとの共演映画。
あまりにも有名な

1963年の作品だから、53年も前の作品。

でも、今、観てもたまらなくカッコが良い。
そして、この映画音楽がジャズになっていて、
同じメロディが流れるのだが、
場面、場面で演奏が違う。

ちょうど、映画で出てきた5つの演奏が
YouTube にあったので、ご紹介したい。

少々長いが、場面を思いだして聞いていると
長さは感じないのかも。

5番目のプールでの場面の演奏は、
クラリネットの音が何とも、哀しい。
揺れるメロディが、
まるで紙幣がゆらゆらと浮かび上がってくる
様子を現しているようだ。

昨年、年末ジャンボ宝くじを買った。

映画のように、
大金を、10億円を狙ったのだが、
残念ながら当たらなかった。

『地下室のメロディー』を聞きながら、
ハズレた宝くじを握りしめている。

2016年。
ハズレ年になりませんように…。

2015年10月24日 (土)

ユニクロのカシミアのCMのトロンボーン奏者は誰だ? 彼は、トロンボーン・ショーティなのだ!

ユニクロのカシミヤのセーターのCM
「私を引き立てる 最高のカシミア」

で、
かっこ良くトロンボーンを吹いてる
黒人がいます。

あのメロディ、リズムが耳を離れません。
誰なんだろう?

チラチラと調べてみました。
トロンボーン・ショーティという
別名 Troy Andrews 
というミュージシャンでした。

1986年1月2日、
アメリカ、ニューオーリンズ生まれ。
ニューオーリンズを拠点とする
トロンボニスト/トランペッター。

何やら、その道では今や売れっ子の
超人気ミュージシャンでした!

彼が、5歳(1991)の時の
ニューオーリンズの
Jazz & Heritage Festivalでの写真。

200fest_2

可愛いけど、
もう自信にあふれた顔をしている?

幼い頃からライヴの現場で頭角を現し、
2005年にレニー・クラヴィッツの
ツアーメンバーに入る。

2010年『Backatown』でデビュー。
ロック、ソウル、ファンク、
ヒップホップを融合した熱いサウンドで
支持を集めているとのこと。

2011年のLiveを紹介します。
rombone Shorty & Orleans Avenue
- Jazzwoche Burghausen 2011 fragm. 1
https://www.youtube.com/watch?v=1yRhacGLGEs

何と、何と長いですよ!
2時間チョイあります。

ユニクロの30秒CMから、
2時間の演奏に繋がってしまった!

というお話。

ちなみに、まだ私は
「引き立て」られておりませんので…。

カシミアより、ショーティの演奏で
暖かくなるかも…。

2015年3月21日 (土)

日本人唯一のアカデミー助演女優賞のナンシー梅木が、なぜオスカー像を壊したのか?

1955年、ナンシー梅木という
ジャズ・シンガーが、
アメリカに渡った。

幾つかのステージで
歌を歌い、少し名前が売れて
彼女は映画に出ることになった。

第2次世界大戦が終わって、
アメリカは日本ブームに沸いていたという。

出演した映画は、
マーロン・ブランド主演の
「サヨナラ」という映画。

映画は見たことはないのだが、
劇中で、ナンシー梅木は
こんな風にして歌を歌っていた。

そして、この映画に出演したことで、
ナンシー梅木は、日本人初の
アカデミー賞助演女優賞を受賞した。
1958年のことである。

Numeki

今朝ほど、ノンフィクションWの
「失われたオスカー像
 ~日本人初 アカデミー賞女優
 ナンシー梅木の生き方~」
を見ていたら、
ナンシー梅木の養子だという
マイケル・フットが
最初で最後だといって母について語った。

そして、1972年42才で引退。
1973年、夫・ランドールが胃がんで死去。

最愛の人をなくして失意のどん底にあった
ナンシーは、オスカー像を自らの手で
壊してしまう。

その一部始終を、息子のマイケルは見ていた。
あの時は、理解できなかったけれど、
今ならわかるような気がすると言う。

「像を、壊すことによって、
 母は、父との思い出を
 永遠に自分のものにしたのだ…」と。

戦後、まだ有色人種の差別があった
アメリカで、
見事なまでに
「日本の花を咲かせたナンシー梅木
(梅木美代志)」

北海道小樽市生まれと聞いて、
親近感がぐっと増してしまった。

毎日新聞 2007年9月6日には、
こんな風に書かれていた。

【ロサンゼルス國枝すみれ】
日本人俳優として唯一、米アカデミー賞を
受賞したナンシー梅木さんが米ミズーリ州
リッキングの老人ホームで8月28日に死
去したことが分かった。死因はがんで、
78歳だった。
ワシントン・ポスト紙が5日報じた。
梅木さんはハリウッド映画「サヨナラ」(
1957年)で、朝鮮戦争時に日本に駐留
した米兵と恋に落ち、心中する日本人女性
を演じて、58年3月に第30回アカデミ
ー賞助演女優賞を獲得した。
相手の米兵を演じたレッド・バトンズさん
も助演男優賞を受賞している。

本名は梅木美代志。1929年、北海道小
樽市生まれ。ジャズ歌手となり、55年に
渡米。56年にCBSテレビの「アーサー
・ゴドフリー・ショー」で英語で歌をうた
い、注目されたことが、翌年のハリウッド
デビューにつながった。「サヨナラ」以外
の主な出演作品はコメディー映画「嬉し泣
き」(61年)や「戦略泥棒作戦」(62
年)など。58年にはブロードウェーミュ
ージカル「フラワー・ドラム・ソング」で
中国から来たピクチャーブライドを演じた。
テレビドラマ「エディのすてきなパパ」(
69~72年)にお手伝い役としてレギュ
ラー出演もこなした。
テレビディレクターのフレドリック・オピ
ーさんと結婚したが、離婚。68年にドキ
ュメンタリー監督のランドール・フッドさ
んと再婚し、76年に死別。ハワイ、カリ
フォルニア州に住んだ後、晩年は息子
夫婦がいるミズーリ州で暮らしていた。

2014年12月31日 (水)

今年は、果てしない道で行こう!Wes Montgomery「Road Song」とWalter Whitman の「Song of the Open Road 」で、おめでとう!

今年は、Road Song で行こう。

まずは、Wes Montgomeryの一曲。

この曲を聴きながら、

アメリカの詩人、エッセイスト、
そして「自由詩の父」と呼ばれる
Walter Whitman
(ウォルター・ホイットマン
  1819/5/31~1892/3/26)
の詩を読んでみよう。
 

1819/5/31~1892/3/26)の詩を読んでみよう。

「大いなる道の歌」
("Song of the Open Road")という詩の一部を
紹介します。
この詩は、長い詩のようで、和訳も12編以上はあ
るという恐ろしい詩です。
とろあえず、部分部分をつまんで
雰囲気だけでも…

   「大いなる道の歌」

徒歩で、心も軽く、私は大いなる道を行く
健康で、自由、世界は私の前にある

目の前に開けた長い褐色の道は
どこまでも
私の行きたいところへ導いてくれる

これからは、私は幸福を求めない
私自身が幸福なのだから

これからは、私は泣き言を言わない、
ぐずぐずしない、何も必要としない

力強く、満足して、
私は大いなる道を旅する…

私は、目の前に広がる空間の大気を
吸い込む

Amrord


 
私は以前思っていたよりも、
もっと大きく、もっといい人間だ

これまで気づかなかった、
自分の中にこれほど
素晴らしいものがあったことに

あらゆるものが
私には美しく見える

私はみんなに
何度も繰り返し言うことができる
みんな 私に善くしてくれた、
私もみんなに善くしよう、と

旅をしながら、
私とあなたが失った力を回復する

旅をしながら、
多くのいろんな人に出会う
そんな人たちみんなに、
新たな喜びと率直さをもって接する

私を拒否する人がいても、
それで煩わされることはない

私を受け入れる人は幸福になり、
そして私も幸福になるのだから

2014年2月19日 (水)

大和証券のCM「カントリー・ロード」に出てくる キーボーダー Keiko Komaki に注目しませんか?

最近、大和証券のCMでは、
邦題「カントリー・ロード」が
流れている。
一度、当ブログでも取り上げた
曲だが、このCMでは
3バージョンある。

http://www.daiwatv.jp/contents/group/cm/play/02148-001/

”NISAキャンペーン篇”が好き!
「カントリー・ロード」のサビの
部分をのせているから…。
懐かしさで、すぐに口ずさめるからね。

ところで、2つめの”ファンドラップ篇”
に、なんと日本人のキーボード奏者
Keiko Komaki という人が出ていた!

Komaki

Playing For Changeに登場するのだから
世界では有名人なのか?

小生は、全然知らなかった。
少々、調べたが、出てくるのは英文ばかり。

簡単に、
彼女 Keiko Komaki は、鹿児島県出身。
5歳からピアノを始め、国立音楽大学卒業。
その後、ファンク、ブルース、
ジャズフュージョン等の演奏即興の世界に
興味を持ち、
2006年頃から、ニューオーリンズで
演奏者活動を始めた。

今や、彼女は国際的ツアーで、
デンマーク、オーストリア、フランス、
ブラジル、イタリアなどを廻っているという。

こうして、CMに出演させるのなら、
もっと出演時間を長くしても良いのでは
と思ってしまったのだが…。

彼女のHPはこれ!
ただし、全文英文なのでご注意!

http://www.keikokomaki.com/

このHPで、
彼女の演奏を聴いてみよう!

最近、大和証券のCMでは、
邦題「カントリー・ロード」が
流れている。
一度、当ブログでも取り上げた
曲だが、このCMでは
3バージョンある。

http://www.daiwatv.jp/contents/group/cm/play/02148-001/

”NISAキャンペーン篇”が好き!
「カントリー・ロード」のサビの
部分をのせているから…。
懐かしさで、すぐに口ずさめるからね。

ところで、2つめの”ファンドラップ篇”
に、なんと日本人のキーボード奏者
Keiko Komaki という人が出ていた!

Playing For Changeに登場するのだから
世界では有名人なのか?

小生は、全然知らなかった。
少々、調べたが、出てくるのは英文ばかり。

簡単に、
彼女 Keiko Komaki は、鹿児島県出身。
5歳からピアノを始め、国立音楽大学卒業。
その後、ファンク、ブルース、
ジャズフュージョン等の演奏即興の世界に
興味を持ち、
2006年頃から、ニューオーリンズで
演奏者活動を始めた。

今や、彼女は国際的ツアーで、
デンマーク、オーストリア、フランス、
ブラジル、イタリアなどを廻っているという。

こうして、CMに出演させるのなら、
もっと出演時間を長くしても良いのでは
と思ってしまったのだが…。

彼女のHPはこれ!
ただし、全文英文なのでご注意!

http://www.keikokomaki.com/

このHPで、
彼女の演奏を聴いてみよう!

Videoの頁で、Playing For Change の
"A Better place"で彼女のpianoが
全編力強く流れています!

まさに、彼女の活動は、
「世界とつながる。響きあう」活動!

ニューオリオンズから遠く離れた
Japanで応援したいと思います!

2013年1月 1日 (火)

今年は、あの超有名なディヴ・ブルーベックの「Take Five」で”あけおめ!”

一度、あの出だしのメロディ、
リズムを聴いたら忘れられない
名曲「Take Five」。

カリフォルニア州出身のピアニスト
デイヴ・ブルーベックの代表作。

その彼も、昨年の12月5日に死去。
1920年12月6日生まれだというから
ぴったり92歳で亡くなったことになる。

この曲の作曲者は、アルトサックス
奏者のポール・デスモンド。

軽快なリズムを叩くドラムから
始まり、ピアノのコードが更に
リズムを重ね、おもむろに
サックスのメロディが入ってくる。
この絡みが絶妙に良かった。

5拍子(4分の3拍子+4分の2拍子)
と(5分程度の)休憩という
Double meaningだという。

私は、最初、5回目の演奏かと
思った!?
よく、Take1,take2なんていうじゃ
ないですか。

オリジナルは、
P:デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)
A.sax:ポール・デスモンド(Paul Desmond)
Dr:ジョー・モレロ(Joe Morello)

Dave Brubeck - Take Five ( Original Video)

1959年のアルバム『タイム・アウト』
に収録されていた。持ってるよ~!

知らなかったが、なんと
「アリナミンV」のCMにも
使われたことがある。

いずれにしても、元気の出る曲ではある!

今年も、元気にファイト、一発!
いやいや、
「好きです! 元気でいてください」

2012年1月 1日 (日)

リー・モーガン「Desert Moonlight」(月の沙漠)で、2012年、おめでとうございます!

2012年が、始まりました!

今回は趣向を変えて、JAZZでご挨拶。

私のお気に入りの一曲、
リー・モーガンの「Desert Moonlight」
(月の沙漠)でおめでとうです。

Tukinosorign0

この曲は、作詞・加藤まさを、作曲・佐々木すぐる
により作られた
童謡「月の砂漠(Desert Moonlight)」を
モチーフに演奏しています。
聞き慣れた懐かしいメロディが聞こえてきます。

Lee Morgan(リー・モーガン
1938年7月10日 - 1972年2月19日)は、
ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ
のトランペット奏者。
子供の頃から神童と呼ばれたハード・バップの
代表的トランペッター。

1956年にディジー・ガレスピーのバンドに参加し、
その年には早くもブルーノートから
『Lee Morgan indeed!』でデビューし、
その艶やかな音色からクリフォード・ブラウンの
再来とも呼ばれました。

さて、このアルバムでのメンバーは、
モーガン(トランペット)、
ジョー・ヘンダーソン(テナー・サックス)、
ロニー・マシューズ(ピアノ)、
ビクター・スプロールス(ベース)、
ビリー・ヒギンズ(ドラムス)です。

2011年10月23日 (日)

”猿の惑星”を観て、C.ミンガスの「直立猿人」を聴きたくなった!一聴に値するJazzですぞお!

 先日もこのブログで紹介した
映画「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」
で、チンパンジーが徐々に賢くなって行く
姿が表現されていましたが、

あのチンパンジーの叫び声を聞いていたら、
チャールズ・ミンガスの
「直立猿人(Pithecanthropus Erectus)」
を思い出しました。

1956年にアトランティック・レコード
から発表されたアルバム。

ジャッキー・マクリーン(アルト・サックス)
の猿の泣き声には、ビックリ仰天!
腰が抜けそうなほど、驚愕しました。
お~!
こんな表現もあるのか!出来るのか!

Jazzの表現の深さを改めて知らされた一作品です。

このバン・マスは、
チャールズ・ミンガスという髭のベーシスト。

Charlesmingus

この時代は、まだ黒人や黄色人種に対する
人種差別が色濃く出ていた時代だよね。

ほん50年前なんだけどね。

C.ミンガスがアトランティック・レコード
と契約し、同社での第一弾となったレコード。

この印象的なジャケットの
Pithecanthropuserectus

「直立猿人」の収録曲は、

1.直立猿人 - Pithecanthropus Erectus
2.霧深き日 - A Foggy Day
3.ジャッキーの肖像 - Profile Of Jackie
4.ラヴ・チャント - Love Chant

メンバーは、
チャールズ・ミンガス (ベース)
ジャッキー・マクリーン(アルト・サックス)
J.R.モンテローズ (テナー・サックス)
マル・ウォルドロン(ピアノ)
ウィリー・ジョーンズ(ドラム)
でした。

岩浪洋三氏のこの「直立猿人」の
ラーナーノーツによると、

「これは4楽章からなる大作で10分を超え
 ている。一種のジャズ・トーン・ポエムで、
 猿から発達して、はじめて直立して歩くよう
 になった猿人の姿を、モダン・ジャズのサウ
 ンドで描いてみせたもの。

 4つの楽章のタイトルは
 第1楽章「Evolution(進化)」
 第2楽章「Superiority Complex(優越感)」
 第3楽章「Decline(衰退)」
 第4楽章「Destruction(滅亡)」。

 この4つの楽章は切れ目なく続けて演奏され、
 第1楽章はグループによってABACの形で
 演奏される。躍動するリズムに裏づけられ、
 熱気あふれた生々しい演奏が繰り広げられる。
 ジャッキー・マクリーンの燃えるようなソロ
 が、圧倒的な迫力を持っている。
 第2楽章では、アルトとテナーが一緒に咆哮
 し、ソロイストがそれぞれ自分のやり方で、
 演奏を繰り広げる。しかし、それがよく全体
 の構成の中に溶け込んでおり、
 ミンガス・ジャズ・ワークショップ固有のや
 り方が見事に成果を収めている。
 各人の即興演奏が、ミンガスの作曲を殺すこ
 となく、むしろ生かし切っている。

 第3、第4楽章では、テンポも次第に速くな
 り、クライマックスに向かって進行する。
 アルトとテナーが叫び声にも似た奇妙な音で
 エキサイティングなプレイを聞かせるが、
 このようなサックスの咆哮は後年のニュー・
 ジャズにおけるアルバート・アイラーや
 ファラオ・サンダースの演奏にも通じるもの
 であり、ミンガスのグループが1956年に
 早くもこのような奏法を行っていたのは注目
 すべきだろう。」

 人類の文明社会を風刺しているとも取れる曲
で、ジャズに文学的要素を持ち込んだ曲として、
高く評価された。

巧みに計算されたテーマ部分と、破壊的な即興
演奏が、激しいコントラストを織り成す作品。

秋の夜長、じっくりと鑑賞してください!
キキキキキ・キ~。

Charles Mingus Jazz Workshop
(Pithecanthropus Erectus)

http://www.youtube.com/watch?v=TkcHSgfDdkI

2011年10月 2日 (日)

今更ですが、韓国映画「シュリ」のエンディング曲「When I dream」に参った!!

  随分前の映画だが、公開された当時は、
随分話題になったよね。
 
調べたら1999年の作品とのこと。
12年前の映画なんだ。

ちゃんと観る機会がなくて、今回は、
まじめに観る時間があったので没入!

あらすじなどは、皆さんご承知
でしょうから詳しく書きませんが、

韓国の情報部員ユ・ジョンウォン
と北朝鮮の女工作員イ・バンヒこと
恋人イ・ミョンヒョンとの恋愛を軸に、
南北朝鮮統一問題を扱った作品。

恋人を亡くしたユ・ジョンウォンが
療養所?で海を見ながら聴いた曲
(流れた曲)がこの曲。

「When Idrem」という曲。

私が夢を見る時、
 私はあなたの夢を見ます

 いつかは、本当のあなたが
 私に訪れるのでしょう

激しい銃撃戦、悲壮で断腸な思い
の別れの場面の後に、

穏やかで静かな海を移しながら
曲が流れてきます。

良い曲ですね。泣けてきます!

この曲を歌っている人は、
キャロル・キッド。
1946年生まれ。

美しい歌声、優しく語り聴かせて
暖かな世界に包まれるような感じがする。
イギリスのジャズ・ボーカリスト。

彼女の若い頃のジャケットで!

Whenidre_2

私が夢を見る時には
 私はあなたの夢を見ます
 いつかは、本当のあなたが
 私に訪れるのでしょう

 私は歌手にも
 何でもできるピエロにもなれます
 或いは私を月へと送ってくれる
 誰かも私は呼べます

 私は化粧をして
 男を惑わせれることもできるけど
 独りで眠って あの人の名前すらも
 忘れてしまいます

 だけど私が夢を見る
 私はあなたの夢を見ます
 いつかは、本当のあなたが
 私に訪れるのでしょう

ちなみに、この映画のタイトルにも
「シュリ」とは、淡水と海水とを
自由に泳ぎまわる魚のこと。
北朝鮮と韓国を自由に行き来できる
ようになりたいという、朝鮮の南北
問題を象徴するキーワードでしたが、
ストーリーの中で重要な魚は、
「キッシンググラミー」でした。

 熱帯魚のキッシンググラミーは、
つがいの一方が死ぬと、もう一方も
生きていけないという魚なんだそうです。
要するに、二人一緒でなければ
生きていけないということでしょう。

どんな魚なの?と興味を持って見たら
ピンクの可愛い魚でした。

1

2011年8月13日 (土)

暑気払いにJimmy Smithの「The Cat」はどう?って言ってたら、Ah! 天才ピアニャストNORAを発見!ご賞味あれ。

どうにも暑い!
こんな時には、スピード感のある
曲でも一曲いかがですか?

大音響で聴くと、すっきりします。

ハモンドオルガン奏者のJimmy Smith。

独特な音色は、斬新でファンキー。
一度聴くと忘れられない音。

躍動感があって、今にも猫が
飛びかかって来そうな演奏です。

コレを聴いて、暑さを吹っ飛ばそう!

Jimmy Smith / The Cat (1964)

と、コレを聴いてるときに、
ひょんなモノを発見。

何コレ?

猫がピアノを弾いとりますわ。
ゴロゴロにゃーんなんて
言うモノではなく、
非常に哲学的な音を醸し出しております。

"NORA: Practice Makes Purr-fect"

 http://www.youtube.com/watch?v=_jeuNitLWqI

なんと、このNORA様、オーケストラとも共演。
アメリカっておもしろい国だなあ。
.

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック