無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス

金色書店

芸能・アイドル

2015年3月21日 (土)

日本人唯一のアカデミー助演女優賞のナンシー梅木が、なぜオスカー像を壊したのか?

1955年、ナンシー梅木という
ジャズ・シンガーが、
アメリカに渡った。

幾つかのステージで
歌を歌い、少し名前が売れて
彼女は映画に出ることになった。

第2次世界大戦が終わって、
アメリカは日本ブームに沸いていたという。

出演した映画は、
マーロン・ブランド主演の
「サヨナラ」という映画。

映画は見たことはないのだが、
劇中で、ナンシー梅木は
こんな風にして歌を歌っていた。

そして、この映画に出演したことで、
ナンシー梅木は、日本人初の
アカデミー賞助演女優賞を受賞した。
1958年のことである。

Numeki

今朝ほど、ノンフィクションWの
「失われたオスカー像
 ~日本人初 アカデミー賞女優
 ナンシー梅木の生き方~」
を見ていたら、
ナンシー梅木の養子だという
マイケル・フットが
最初で最後だといって母について語った。

そして、1972年42才で引退。
1973年、夫・ランドールが胃がんで死去。

最愛の人をなくして失意のどん底にあった
ナンシーは、オスカー像を自らの手で
壊してしまう。

その一部始終を、息子のマイケルは見ていた。
あの時は、理解できなかったけれど、
今ならわかるような気がすると言う。

「像を、壊すことによって、
 母は、父との思い出を
 永遠に自分のものにしたのだ…」と。

戦後、まだ有色人種の差別があった
アメリカで、
見事なまでに
「日本の花を咲かせたナンシー梅木
(梅木美代志)」

北海道小樽市生まれと聞いて、
親近感がぐっと増してしまった。

毎日新聞 2007年9月6日には、
こんな風に書かれていた。

【ロサンゼルス國枝すみれ】
日本人俳優として唯一、米アカデミー賞を
受賞したナンシー梅木さんが米ミズーリ州
リッキングの老人ホームで8月28日に死
去したことが分かった。死因はがんで、
78歳だった。
ワシントン・ポスト紙が5日報じた。
梅木さんはハリウッド映画「サヨナラ」(
1957年)で、朝鮮戦争時に日本に駐留
した米兵と恋に落ち、心中する日本人女性
を演じて、58年3月に第30回アカデミ
ー賞助演女優賞を獲得した。
相手の米兵を演じたレッド・バトンズさん
も助演男優賞を受賞している。

本名は梅木美代志。1929年、北海道小
樽市生まれ。ジャズ歌手となり、55年に
渡米。56年にCBSテレビの「アーサー
・ゴドフリー・ショー」で英語で歌をうた
い、注目されたことが、翌年のハリウッド
デビューにつながった。「サヨナラ」以外
の主な出演作品はコメディー映画「嬉し泣
き」(61年)や「戦略泥棒作戦」(62
年)など。58年にはブロードウェーミュ
ージカル「フラワー・ドラム・ソング」で
中国から来たピクチャーブライドを演じた。
テレビドラマ「エディのすてきなパパ」(
69~72年)にお手伝い役としてレギュ
ラー出演もこなした。
テレビディレクターのフレドリック・オピ
ーさんと結婚したが、離婚。68年にドキ
ュメンタリー監督のランドール・フッドさ
んと再婚し、76年に死別。ハワイ、カリ
フォルニア州に住んだ後、晩年は息子
夫婦がいるミズーリ州で暮らしていた。

2014年8月 5日 (火)

阿川佐和子の「聞く力」の読後直後に、長渕剛の「an・an」インタビュー改ざん!?に思わずのけぞった!

話題のベストセラー
阿川佐和子の「聞く力」を
遅まきながら読んだ。

凄い読みやすい本でした。
"まえがき”で出版するにあたっての
言い訳みたいなものを
書いてありましたが、

「アガワの拙いインタビュー経験から、
『聞く』という行為について
 読者が改めて考える機会や
 ヒントを見出すことができたら」
の思いで書いたと。

このスペースで、
「読み書き甲子園」というのが
出てきて興味を持ちましたが、
これは別な機会に。

彼女の初めはオロオロしていても、
どこかで「開き直れる力」というのは
素晴らしいと思います。
そして、なんとなくニコニコして、
何処か人懐っこいところが
インタビュアーとして良いのでしょうね、

でも、様々な失敗や驚きの体験談が出ていて
オモシロかったです。

おっと、これは遠藤周作先生が言っていた
「人の話を聞くときは、具体的な話
 を引き出さないとダメだ」
に引っかかりますね!

「オウム返し質問」活用法というのも、
出ていましたが、これは私も
良く教えていました。

生徒と面接の練習をしているとき、
「わからない質問」が出たら、
同じ言葉を繰り返して「…についてですか?」
と聞きながら、その間に答を考えよ!と。
これは、なかなかの高等テクですけどね。
でも、質問に詰まったようには見えない!

おっと、自分のことを書きすぎました。

「あれ?」と思ったことを聞く。

これが簡単なようで、結構難しく、
集中力がいりますよね。

こんなことを書いている最中に、
ひょんなものを発見しましたあ!

長渕剛にインタビューした吉田豪氏に
インタビューするという
二重インタビュー記事。
題して、

「長渕剛が「an・an」インタビューを
 改ざん!? 聞き手の吉田豪に直撃」
http://news.livedoor.com/article/detail/9109092/

Nagai

有名人の意外な発言を引き出すことで
知られる出版界一のインタビュアー・吉田豪氏。
その吉田氏が長渕剛のインタビュー(7/2号)後
にツイート。

それを読んで、伊勢崎馨氏がインタビュー。

〆の一文に
”「an・an」の記事に「(笑)」がやたら出てくると
 書いたが、実はこれもすべて長渕が
 書き込んできたものらしいのだ。
 長渕は"カッコ笑い"が大好きだった”

とありましたが、
構成・出演・演出と長渕剛ペースで
進んだということのようです。

何でも「死ぬ気」、「本気」でやる
長渕剛のサービス精神には、脱帽するしかない!

インタビューとは、なかなか奥の深いものです。

2014年6月29日 (日)

見てきました・聴いてきました「生・志の輔」落語。良かったよお~ in富良野10回記念公演!

まもなくラベンダーの季節になる富良野。
先日は、道内一番の気温32度を記録。
志の輔師匠が言うには、
富良野に10回来たが、
そのうち半分は雨だったという。

今回は1/2の確率で良いお天気でした。
というか、日差しは強かったです。

暑い日差しに当たったせいか、
開演時間を14:30と思い込んで
のんびり13:30頃に
「富良野演劇工場」に行ってみると、
もう駐車場は満員御礼も良いところ。

やっとの思いで車を止め、
行列の後ろに並びました。

おっと、ここで奇遇ですなあ~。
元職場の同僚と顔合わせ。
帯広からご夫婦+ご子息で
駆けつけたとのこと。

席取りをした後は、すかさず
記念手ぬぐいを買いに走りました。

Shinosuke

さてさて、14:05から開演。
前座は、6番目の弟子という
志四太郎の「元犬」。

いよいよ志の輔の登場。
マクラに
最近の教育問題のお話などが
出てきたので、さてはあの演目か?
それほど知識のない小生の読みが的中。
一席目は志の輔創作落語
「親の顔」でございました。

息子・金太のテストの答案が
あまりにも個性的?な答え方なので
親子ともども学校に呼び出され、
教師と父・八五郎とのやりとりのお話。

ご隠居の「親の顔をみてみたい」で
呼び出されたのだろうという話を聞き、
八五郎は、顔を見せに学校に出かける。

子どもの答案は、こんな具合。

問.81個のみかんを3人に均等に
 分けるにはどうしたら良いですか。

息子・金太の答は、みかんを
ミキサーに入れて均等に分けるという答。

なるほど思っていたら、八五郎の答は
もっと凄かった。
 81個も入るミキサーはないだろう!

教師が、親子を呼び出した理由は、
「5点という答案を見て、父・八五郎が
 息子を怒鳴り散らすのじゃないか」
と心配になり、親をなだめるためだった。

「何事も正解だけが全てではない。
 子供の幅のある考えを大事にして欲しい」
ということを父親に伝えたかったのだ。
が、金太の親の八五郎は、もっとその上を
行く幅広い(柔軟性のある)考えの持ち主。

先生は八五郎に
「あなたの親の顔が見てみたい」という。

はい、チャンチャン。幕でございます。

Shinosuke10

二席目は、「高瀬舟」。

陪審員制度のシンポジウム等で、
「高瀬舟」がよく使われるというお話。

「これは落語でも、講談でもありません。
 笑いも一切ありません」

森鴎外の「高瀬舟」を演じた。

罪人を運ぶ高瀬舟。その船上で、
弟殺しの兄と同心とのやりとり。

会場では、物音ひとつ咳払いひとつなく、
シーンと静まり、
志の輔ワールドに入っていました。
心に染みるお話でした。


Shinosukeendai

三席目は、「抜け雀」。

小田原の宿で、やたら駕籠屋にぶつかる旅人。
彼は、無一文で一日三升を飲む大酒飲み。
人の良い宿屋の主人に誘われて、
宿に泊まったが代金は払えない。

そこで、代金代わりに襖に墨で雀の絵を描き、
江戸の帰りに金を払うから、
それまでこの絵を売ってはならぬと言い残して
宿を後にする。

ところが翌日、宿屋の主人が雨戸を開けて、
朝日が射し込むと、絵の中の雀が飛び出して
外で餌を啄み、戻って来て元の絵の中にピタリ
と収まった。

これを見て、近所の連中に様子を話す。

その話し方が、
志の輔の話し方・伝え方が凄かった。
会場は、今日一番の爆笑の渦となった!

評判になって、宿屋は、連日客が訪れ大繁盛。

噂が噂を呼び、藩主・大久保加賀守が千両で
買い取ろうというが、絵師との約束があるの
で断る。

ある日、60過ぎ老人が泊まり、絵を見て
「このままだと、やがて雀は死ぬぞ」という。

亭主が訳を聞くと、止まり木が描いていない
からだという。

書き足してやろうと言って、何やら描いた。
止まり木と鳥かごが書かれた。

すると、雀は鳥かごに入り、止まり木に止まった。

いよいよ、絵の評判が高まり、またまた藩主は、
二千両で買うと言い出したが、約束があるの
で売らない。

しばらくして、あの一文無し大酒飲みの絵師が、
戻ってくる。
老人が、あの雀の絵に鳥かごを画いていったことを
話すと、その絵を一目見て、描いたのは自分の父親
だといい、
「なんという親不幸をしてしまったのか」と嘆く。
「なぜでございます?」
「親を駕籠カキ(駕籠書き)にしてしまった」

チャンチャン。

Shinosukebutai

最後に、このような素晴らしい
「目的をはっきりとしたハコ物」を作った人々、
今回の10回記念公演を支えてくれた人々に
感謝を込めて、三三七拍子で締めました。

終わって、会場を出ると16:30を廻っていました。 
下が、「富良野演劇工場」でした

Furanoengeki

ところで、「抜け雀」の元ネタは、
京都・知恩院七不思議のひとつの「抜け雀伝説」
ではないかという説が…。

「狩野信政が描いた大方丈の菊の間の襖絵で、
 万寿菊の上に数羽の雀が描かれていたが、
 あまりにも上手に描かれたので雀が
 生命を受けて飛び去ったといわれる。」

Nukesuzume

したがって、雀はいな~い!
これまた、凄いオチでございます。
チュンチュン。

2014年5月 6日 (火)

今年も笑った!「志の輔らくご in PARCO 2014」。日本は、まさに”ゆるキャラ天国”!自衛隊も司法界も、ゆるキャラがどっどといる。

GWのWOWOWで、今年も
「志の輔らくごin PARCO2014」
を観た!

P2014

今年は、新作の「こぶ取り爺さん」と
「モモリン」の2題。
本当はもう1題あったような?

相変わらず、マクラは今風の話題。
マー君の話からサッカーネタまで、
ここでぐぐっと観客を惹きつける。

で、一発目は「こぶ取り爺さん」。
確かに、よくよく考えて見たら、
何が良くて悪かったのか?
あまりはっきりしない話です。
こぶを取られて、つけられて…。
この細かなところへの着眼点は、
流石です。

幕間に、なんとゆるキャラが登場。
志の輔出身地の射水市のムズムズ
くんが登場。

Muzmuz
一曲、踊っていきました。

ムズムズくんと抱擁の後に、
始まったのが「モモリン」という
ゆるキャラにまつわるお話。
 
ゆるキャラ県大会の開催市となった
某市の市長が、ひょんな拍子に
ゆるキャラ「モモリン」をかぶって
しまい、脱げなくなってすったもんだ。

さあ、さあ~
「モモリン」の必殺の大技
”モモリンフラッシュ”は出るのか。

と、ここで脱線ですが、実は
「ももりん」は実在するんですね。
福島県のゆるキャラでした!

Momorin

でも、この演題には関係ないようです。

ついでに、マクラに出てきた自衛隊の
ゆるキャラは、あるわ!あるわ!
ゆるキャラやキャラクターだけで、
一個師団出来るんじゃないですか?
こんなにあるとは、知りませんでした。
目についたのが…。

Yurucara

司法界では、流石に無罪・有罪くんは
いませんでしたが、
「人KENまもる君、あゆみちゃん」
なる方々(?)がおりました。

Yurusaiban

あ~、まさに日本は、
総一億ゆるキャラ天国のようでありま
す。何と、平和な国でありましょうか。

2013年9月29日 (日)

北海道人なら是非!聴こう!宮崎奈穗子の泣けて勇気が貰える「ななつの星に願いを込めて~北海道米応援のうた~」

「米米北海道」さんからの
コメントを見てビックリ!

なんと、路上シンガー女子大生
武道館単独公演をやってのっけた
宮崎奈穂子さんが
北海道のお米の歌を
作って、歌っているという!

武道館単独公演が実現したお礼と
いうことで、1年間に365曲を
作るという「歌・こよみ365」
を始めたのだが、その一曲になる。

Utagoyomi3
 

「歌・こよみ365」という挑戦を始めます
http://ameblo.jp/miyazakinahoko/entry-11417602183.html

それを知った「米米北海道」さんが
ホクレンと共に彼女に、
北海道米の応援歌を依頼!

そして、完成したのが、
「ななつの星に願いを込めて~北海道米応援歌」

Hokkaidoumai  

 
http://www.hokkaido-kome.gr.jp/special/music/

早速、聴きました!

ななつの星に願いを込めて
 ぴりかの夢に想いを乗せて
 みんなの想いは ひとつに重なる
 必ず一番になろう

この曲を聴いていると、
彼女の苦難の時期と
北海道米が評価されず、ひたすら
必死に作っていた米農家さんたちの
苦難の時代が重なります。

今までの北海道の米農家さんたちの
努力が徐々に認められ、
そして今や、魚沼産コシヒカリに
負けず劣らずの「お米」に
成長しました。

「悔しさ」を糧に、
「何故だろう」を力に
人間は成長していくと思います。

まさに、
「ななつぼし」「ゆめぴりか」は
北海道人の夢と反骨精神が
実を結んだお米だと思います!

このような歌ができましたと
知らせて頂いて、何故か
ビッーッと体に電流が走りました。

そして、この歌を聴いたとき
目頭が熱くなり、
涙が止まりませんでした。

何故か、宮崎奈穂子嬢の歌は
泣かせられます。

そう言えば、奈穗子の穂の字は
稲穂の穂の字ではありませんか。

まあ、それはどうでも良いとして。

今も、鼻汁をすすりながら
書いています(笑)

そして、ティッシュを取りに下に
降りていったら、「ななつぼし」が
台所に静かに横たわっていました。

2013年8月10日 (土)

今や売れっ子のダンプレ「池田高校」の”あまちゃんOP”が超凄い!オマケに "栄冠は君に輝く"のダンプレも見る?

年々、少子化で高校入学者
の数が減っている。

北海道も例外ではなく、
公立校は現在239校。
5年間で30校が消えた。

郡部の学校では、生徒数が少なく
運動部は自校の生徒で、
メンバーを揃えることが
出来なくなってきている。
したがって、
合同チームが多く誕生。
野球、サッカー、バレー、バスケと。

そんな少子化の中で、
十勝管内にある池田高校。
総合学科全校生徒200名。
ということは、1学年70人。

これでも、生徒のいる方だ!

そんな小さな学校での吹奏楽部。
部員は17人だという。

ブラスバンドにしたら、
最小のC編成だが、
そんな彼ら・彼女らが
ダンプレに挑戦。
「小さなチームの大きな挑戦!」

顧問の先生が変わったから?かは
わからないが
(ちなみに顧問の先生は、
 今年福島県から赴任した)

一気に火がついたのは、
モモくろの"サラバ、愛しき悲しみたちよ”
のダンプレのリハーサル動画。

その体のキレが抜群である。
17人がステージ狭しと踊り、演奏する。
その動きに、感嘆の嵐!
Youtubeで、63、5000Hit!

それがこれ!
http://www.youtube.com/watch?v=orRQPsZNc1k

でも、あまちゃんOPの方が躍動感があって良いかな!
こちらは、きまぐれコンサートの本番。
http://www.youtube.com/watch?v=7NKP45nC18Y

この池田高校吹奏楽部は、動画ものせるが、
facebookも出している。

小さな学校でのこういうPRは
とても大事だよね。

さて、今、甲子園では高校野球を
やっていますが、
残念ながら北海道勢は2校とも敗退。
帯広大谷の9回のHRには驚きましたが…。

その県予選大会ともいうべき
北海道の南大会の会場で円山球場で、
池田高校が "栄冠は君に輝く"を演奏しました。

Ikeda
 

ちょっと面白いので、ここにご紹介します!
7分46秒もあるので、雰囲気がわかれば…。

http://www.youtube.com/watch?v=JKQH73p2GqM

2013年7月 8日 (月)

松重豊の”井之頭五郎”。美味い!という幸せな時間を求め「孤独のグルメ」season3が始まるぞお~!

いつ頃だったろう。
何気なくTVをつけたら、
中年のおっさんが出てきて、
ひたすら飯を食う。

しかも、
ひとりブツブツ心の叫びを
思いをつぶやきながら、
ひたすら食べる。

良くあるTVの食べ歩きルポとは
どこか違う。

大きく口を開け、がぶりと、
しっかり噛みしめて食べる。

妙に、このアップが食欲を
そそる。
観ている側も、涎が出そうになる。

変な修飾や説明文をつけて、
食後感想文を言うレポートより
遥かに美味そうに見える。

このサラリーマン風のおっさん。
何とも言えない味がある。

この番組に一度、遭遇しただけで、
心に引っかかってしまった。

な、なんとあのおっさんは、
松重豊が演じる井の頭五郎。

Mtusige
 

な、なんとあの番組は
久住昌之原作の「孤独のグルメ」の
実写版であった。

し、知らなかった…。

この「孤独のグルメ」のseason3
を7/10からスタートするという。

今までの作品がDVDで発売される
という。ちょっと味わってみます?

それは、これだ!
http://www.youtube.com/watch?v=fcAmHJYkl74

season3の撮影に入ってから、
差し入れが増え、待遇が良くなって
きたように感じる。
「ああ、なんか(番組の)終わりが
 近いのか」と思ったりするという。

柳の下のドジョウを狙って、
2弾、3弾を出して失敗している作品を
数多くみてきているという
ベテラン俳優の味のある言葉だ。

僕自身も食べることは好きなので、
 基本的には苦になりませんが…
 早朝から何も食べてないで…
 待って待って、
 夕方くらいにようやく食事シーン。
 胃が空っぽになっているときに、
 超激辛料理とかを食べることに
 なったりするので、相当、内臓には
 負担がきていると思いますね

松重豊は語る。

食事って色々な”ドラマ”が
 生まれる時間だと思うんです。
 旨いものを食べているときは幸せだし、
 拙いものを食べているときは不幸せ。
 でも、拙いものでもその時の状況に
 よっては幸せになれることもある。
 旨いものでも嫌な店だったら味すら
 覚えてないことも。
 だから、食事を”幸せ”に自覚して
 いくと、色んなものが豊かになると
 思うんです

    (以上「 」はTVBrosから転載)

さて、今度はどんな町で、どんな料理に
挑戦してくれるのだろう。
そして、幸せな時間を届けて
くれるのだろうか。

嬉しさを噛みしめるように
「う~ん、美味い!」という
井の頭五郎の一言を、また聞きたいものだ。

2013年5月18日 (土)

清志郎、健在なり!最高スッ!ノリものったり「ナニワ・サリバン・ショー 感度サイコー」を見たよ。

清志郎殿が亡くなって、
もう4年も経ってしまった。

先日、その清志郎殿の
『ナニワ・サリバン・ショー
   感度サイコー!!!』

Nss

を、遅まきながら見ました。

懐かしかった!
ケバケバ化粧!

「エド・サリバン・ショー」
をもじって、
エド→江戸→浪速→ナニワ
ときたらしいが、
清志郎殿は、関西人でっか?
というぐらいのノリで
のっていましたね!

出てくるアーチストは、
布袋寅泰、斉藤和義、トータス松本、
山崎まさよし、ゆず、矢野顕子、
HIS(細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美)など。

「幸せハッピー」、ええな~。

さらに、今や売れっ子の
宮藤官九郎がDJとして登場。

そして、そして、そして、
「アメママン」こと間寛平の登場!
訳の解らない(失礼)ギャグに
ステージ上の出演者は総ズッコケ。
何度も、コケるというあたりが
関西風なんでしょうか?

さらに、清志郎殿と観客の声の
掛け合いで会場は一体化!
「雨上がりの夜空」がメチャのっていました!

その様子のチョコッとがこれ!
https://www.youtube.com/watch?v=-MgzqIlUomU

間寛平の登場で、もう完全に
「ナニワ・ナニワ」でんがな。

ただただ、懐かしく、
可笑しく、楽しくて
感動と笑いのコラボ!

あらためて、
清志郎殿の存在の大きさを感じた
「ビック・ミラクル・ショー」
でした。

鑑賞をお薦めする一本でございます!

誰もが「幸せハッピー」になるで~。
一緒に歌いませう!
https://www.youtube.com/watch?v=1Wl2_cKGIbE

2012年12月16日 (日)

「カラスの親指」を観た!ド・どんでん返しに、およよ! けど、村上ジョージの歯は、なんであんなに白く眩しかったのか!

直木賞作家”道尾秀介”の
小説「カラスの親指」が
映画化されたので、観てきた。

「カラス」は黒いから玄人。
そういう意味なんだあ。

映画を観て、知った。
で、親指はスリかなんかなの?

「親指」は、手の指を
親指は、お父さん指
人差し指は、お母さん指って
昔、なんか歌で聞いたような。

『親指だけが、正面からほかの指を
 見ることができるんです。
 全部の指の中で、親指だけが、
 他の指たちの顔を知ってるんですよ』

『お母さん指と小指の子供指とは、
 なかなか向き合えない。
 でも、お母さん指がお父さん指に
 寄り添うと、ほら、子供指と
 向き合える(触れる)んですよ』

確かに! 映画を観ながら、
やってみました。その通りです!

少しトボケた詐欺師のテツ
(入川鉄巳=村上ジョージ)の
言葉です。

キャストは、
”凸凹詐欺師”2人組の
武沢竹夫に、阿部寛。
入川鉄巳に、村上ショージ。
そして、何故かしら鉄巳の
娘やひろ&まひろに、
石原さとみと能年玲奈、
やひろのBFの貫太郎に
小柳友という
顔合わせでした。

能年玲奈は、19歳の女優。
余り知らなかったけど、
来年のNHK朝連テレビ小説
「あまちゃん」のヒロインに
決まっているとか…。

Nounenn


なかなか、組み合わせは
おもしろかったです。

話の流れは、皆さんご承知でしょう
から流しますが、
村上ジョージの顔がアップになると
やたらと、歯が白いんです。
白すぎて、眩し過ぎるんです。

Karasu

うん~!
「カラス」にあの真っ白い歯は
似合わないだろう!って、
ずーっと思って観ていました。

結局、入川鉄巳(村上ショージ)が、

”カラスの親指”、すなわち、

詐欺師のお父さんだったんですわ。

話としては、結構面白かったですね。
あらら、"白”が入ってるぅ~。

少々、出来過ぎのところもありますが、
娯楽作品ですから、そこはおおめに。

でも、
観客は5,6人しかいませんでした。
これで、映画館やっていけるのかな。

まさか、
騙しているんじゃないでしょうね。

2012年12月 7日 (金)

今年も「櫻」。第45回日本作詩大賞が、なかにし礼×平尾昌晃×氷川きよしの『櫻』に決定!人生の深さ重さを歌い上げていて脱帽!

昨夜(12/6)、
第45回日本作詩大賞が決定。

受賞曲は、
なかにし礼×平尾昌晃×
氷川きよしの『櫻』になった。

Nakanisi_2

”なかにし礼”は、今年、
テレ朝系列のワイドショーで
コメンテーターをしていたが、
2012年3月5日の放送で、
食道がんであることを報告。

基本的には手術適用の症状だが、
過去に心筋梗塞を患ったこともあり、
手術を受けずに済む 
先進医療の陽子線治療を受けて、
がんを克服したと話題を呼んだ。

今年7月に刊行した著書
『人生の教科書』で「現在の日本に
おける“切らずに治すがん治療”の
全知全能にかけてみようと決心した」
と告白。

10月には回復して現場復帰。

まさに彼の人生を賭けた手術で
「生死」に対する様々な思いが
駆け巡ったことだろう。

そして、この『櫻』は 、
氷川きよしの所属事務所の故長良会長が
生前、懇意にしていたなかにし礼に
自分の亡奥さんを題材の作詞を
依頼をしていたという。

受賞発表後のなかにし礼の言葉は、
「この舞台に立てる事が奇跡」。

そして、氷川きよしには
「書くチャンスを与えてくれて、
 ありがとう!」と硬い握手。

氷川きよしにも、いろいろな思いが
巡ったのだろう一筋の涙を流した。

74歳のなる”なかにし礼”は、
「生きることの思い」と
「ひょとしたら、これが最後の作品」
というような想いの中で、
この詞を書き上げたのでは
ないだろうかと、
勝手に思ってしまう。

言葉の一つ一つが、とても重たく
そして美しく感じてしまう。
言葉の一つ一つに、長い人生が
にじみでいるように思えた。

”なかにし礼は、死を意識した時、
 『さくらの唄』のリベンジに
 向ったのだな」そう思った。”
と、この『櫻』を聴いた
世川行介氏が書いている。

さて、その『さくらの唄』は、
こんな唄でした。

とても悲しい歌です。

Sakuranouta

『さくらの唄』

なにもかも僕はなくしたの
生きてることがつらくてならぬ

もしも僕が死んだら友だちに                   
卑怯なやつと笑われるだろう                   
笑われるだろう                  
                        
おやすみを言わず眠ろうか                  
やさしく匂うさくらの下で                  
さくらの下で 

                
http://www.youtube.com/watch?v=gYEY5ik42EA

それでは、リベンジ作品?『櫻』
を聴いてみよう。

Sakura

『櫻』

月の光に 妖しく匂う
花はあなたの 横たわる姿
私が死んだら 櫻になるわ
それがあなたの 口癖だった。
櫻、櫻 夢かうつつか
ぼくを抱きしめる あなたの幻。

まるであなたの 涙のように
花が散ります はらはらと泣いて
春にはかならず 櫻となって
会いにいくわと あなたは言った。
櫻、櫻 花にかくれて

ぼくにくちづける あなたの幻。

空は明けそめ 薄紅(うすくれない)に
花は輝く 新しい命
愛する心は 永遠だから
春が来るたび あなたは帰る。
櫻、櫻 花でつつんで
ぼくを眠らせる あなたの幻。

愛する心は 永遠だから
春が来るたび あなたは帰る。
櫻、櫻 花でつつんで
ぼくを眠らせる あなたの幻。

http://www.youtube.com/watch?v=ZOZHUGfzV7g

今回の日本作詞大賞の作品を
聴いていると、
何か”ド演歌!”ぷんぷん。
もう少し、新しい香りのする
演歌はないのかな?と思ったり。

自分では書けないくせにね…。

その中で、もう一つ気になった
作品が『新橋二丁目七番地』。 
田久保真見という人の作品でした。

Shinnbasi_2

新橋駅前の広場で路上靴磨きを
40年も続けた中村幸子さん(80)
の人生を歌った歌。

歌うは「井の頭の歌姫」こと、
あさみちゆき。
知らない方は、一度、お聴きください!
あ!座布団は入りませんよ!

http://www.youtube.com/watch?v=TmxfBp37nCw

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック