無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス

金色書店

旅行・地域

2016年1月12日 (火)

度肝を抜く楽しさが走る、GBS! その名は「現代美術新幹線」。何とも魅力たっぷり!HSKと大違い。

初めて、「現美新幹線」という言葉を
目にしたとき、
ん? 台湾、中国の新幹線?と
思ってしまった。

トンデモナイ、早とちり。

「現代美術」を短くしての「現美」でした。

Genbi2

今はやりのDAIGO風に言うと、
GBS (ゲンダイ・ビジュツ・シンカンセン)

もう、鉄ちゃんはご承知だと思うが、
そうではない人、自分のために
記憶用として、これを残して置きたい。

そもそも、この「現美新幹線」とは、

全車両をギャラリーに見立て、
モダンアートを展示する「走る美術館」。
今春、上越新幹線でデビューする。
週末を中心に越後湯沢−新潟間の運行を
予定しているという。

Genbi3
な、何とも斬新なアイデア。
拍手ものですね。イヤ、拍手です。

景色を見ながら、料理を頂くというのも
贅沢な話ですが、
絵を見ながら、旅をする!
素晴らしい発想ですね。

この「現美新幹線」は、新潟県十日町市周辺で
3年に1度開催される「大地の芸術祭」に
着想を得たという。参加アーティストは8組。
詳しい内容は、

Gmbi1
http://www.jreast.co.jp/genbi/

最近、「北海道新幹線」と騒いでいますが、
イマイチ、その気になって喜べませんね。

JR北海道が、何とも心もとない会社ですよね。
事故る!止まる!高い!遅い!非効率!

しかも、何故か”新函館北斗駅”なるものを作り、
現函館駅まで約18キロもあり、
アクセス列車「はこだてライナー」快速で約17分。

新幹線=速い・便利 のイメージが、
新幹線=遠い・遅い というイメージに!

なんで、こんな駅を作る必要があるのでしょう。
そのような経費があるなら、別なところにかければ
と思う人は、結構いたでしょうね。

誰のための駅なの?
利用者のための駅ではないよね。

民営化になったと言っても、
JR北海道は、やっぱり「上から目線」新幹線
なんでしょうね。
ただ、速く走れば良いという、
周りに気配りを感じない経営感覚ですね。

札幌まで伸びたとき、”新函館北斗駅”は、
不評になると思います。

それに比べると、この「現美新幹線」は、
 近年の鉄道・新幹線利用者の、
 「楽しみながら旅をする」というニーズに
 答えた感がありますね。
 「凄く、乗ってみたい!」と思わせます。

まさに、おもてなしの国「日本」という
感じです。

さきほど、動画をみつけました!

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160112-00000394-fnn-bus_all

2015年9月 2日 (水)

おもして おもして ”てなんど小林”のHPが ごっとい はまちょんね

TVやネットで紹介されている
宮崎県小林市
移住促進PRムービー "ンダモシタン小林"

なんど観ても、聴いても
フランス語に聞こえるのが
凄い!

そして、このアイデアで凄いよね!

好きだなあ~。こういう感覚!

そして、町(小林市)を思う、想い。

早速、小林市のHPに行ってみたのだが、
ちょっと、脱線してしまって
こちらの方が気になってしまった。

”てなんど小林”

「てなんど小林プロジェクト」とは?、
と、しっかりコンセプトが書かれています。 

Kobayashi1_2

http://tenandoproject.com/contest/index.html

2回目の東京オリンピックのコンセプトは
何なのだろうね?
あるんだろうか?
ゴタゴタは恥ずかしい限りです。
余談でした…。

話は、戻ります!

「ことば」では、半端ない対応ですね。
辞典にしたり、カルタにしたり
はては、ポスターにしたり。
このポスターも、結構インパクトがあります。

ここでの辞典を参考に、今回の「見出し」を
作ったのですが、合っていますか?
間違った使い方なら、ゴメンナサイ。

「ひと」では。「小林人」なる言葉も作って、
町を、小林を愛している人達の想いが伝わってきます。

みんな、この小林が、郷土が好きなんだな~って。

「コンテスト」や「まち」に、
小林市を紹介する「写真」や「動画」があります。
なかなか力作揃いで、お~っと言うのもあります。

「小林を方言でのぞく」というコーナーがあって、
そこに
”ひったまがった”という言葉に感想が書かれていました。

方言劇に参加したが、
その時に西諸弁がフランス語に聞こえた!
というものです。
これがヒントになって、
例のCMフイルムができたのでしょうかね?

私の勝手な憶測ですが…。

でも、こんな風に「わが郷土」を
愛し残して行こうという発想・運動は
素晴らしいなあ~と感心しました。

ふるさと納税は、
「1万円」で4000Pなんだって。
3年間Point有効かあ。
黒豚”からいもどん”
肩ロースステーキ1キロが
8000Pでした。

Kataste

2014年2月 7日 (金)

ちと、筆が滑ってしまった?村上春樹先生。そのお陰で、中頓別町が有名になりました。その町を紹介しましょう…。

先日、地元新聞にも記事として載っていた。

村上春樹の小説「ドライブ・マイ・カー」
に登場した道北地方にある中頓別町の
町議6人が出版元の文芸春秋に対し、
質問状を近く提出することを決めたという。

この小説で、俳優の主人公が、
専属運転手で中頓別町出身の
24歳の女性「渡利みさき」と
亡くなった妻の思い出などを車中で語り合う話。

みさきは同町について
「一年の半分近く道路は凍結しています」と紹介。
みさきが火のついたたばこを
運転席の窓から捨てた際、
主人公の感想として
「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっている
 ことなのだろう」と書いてある。

この中頓別を何度も訪れ、通過した私に取っても、
違和感のある表現である。

まず、
「一年の半分近く道路は凍結しています」も
違うね。3分の1位だね!
6ヶ月と4ヶ月は違う!

車中からのポイ捨ても、見たことはない!
したがって、「普通にやっていること」
というのも違う!

確かに、小説のような表現をされれば、
町民は怒るよなあ!

東海林繁幸町議は
「町民の防災意識は高い。
 『車からのたばこのポイ捨てが普通』
 というのは事実ではなく、町をばかに
 している。そもそも町の実名を出す必
  要があるのか」と話している。

ごもっとも!です。

さて、中頓別町とは、何処にあるのか?

北緯45度線上、宗谷管内の東南に位置し、
東南に(今やタイ人に有名な)枝幸町歌登、
北は浜頓別町に接し、
手塩山脈を隔てて上川支庁管内の音威子府村
と中川町、留萌支庁管内の(高レベル放射性
廃棄物中間貯蔵施設問題で有名になった)
幌延町と境している町です。

大きな地図で見る

近くに敏音知岳(ぴんねしりだけ704m).
という山があります。

Pinnesiri

さて、何度かこの町に訪れた私に取って、
不思議だったのは、この町に
”簡易裁判所”があることだった。

旭川地方裁判所管内で、この”簡易裁判所”
があるのは、大半は市である。
町村であるのは、この町と天塩町だけ。
しかも、隣にある浜頓別や枝幸町より
人口の少ない町なのだが…

何故? ひょっとしたら「砂金?」

中頓別町の観光協会の記事を読むと、

中頓別町の砂金掘りについて
http://www.webnews.gr.jp/nakatonbetu/1208_sakin.html

明治30年頃、頓別川の支流「ウソタン川
(現浜頓別町)」の上流に豊富な砂金が発
見され、この頓別川一体に砂金採取に入り
込む者が急増。

その上流に注ぐ「ペイチャン川」にも多数
の採取人が入り込み「ウソタン川」流域と
合わせその数1万6千人を数え、一時は
「東洋のクロンダイク」とまで喧伝された。

密採者数5千人とまで噂され密採時代も現出
したというが、明治39年までに大半が下山
した。

と、出ていた。
道北の小さな町に、金を目当てに
とてつもない人々が集まったわけだ。

この”砂金騒動”?で、裁判所ができたのか
と思いきや、この簡易裁判所ができたのは、
終戦後の昭和22年。いよいよ?である。

今でも、天然の自然産金が採掘できる。
「ペーチャン川砂金堀体験場」というところが
あり、6月中旬から9月末まで営業している。

最近、タイの観光客で名前が売れた”歌登町”が、
隣町にある。タイ人の滞在型観光を目指している
という話もあるので、ひょっとしたら
この「砂金堀体験」が、”夏場の体験型観光”の
ひとつになるかも知れない。

終わりに、中頓別町民にかわって自慢話を。
平成25年5月に、
交通事故ゼロ3500日を達成!

そうそう、この町には町営の自動車学校も
あるのです!驚き!

さらに、特産品?は「砂金ラーメン」。

Sakin

2食800円と少々お高い。
が、なんと、ビックリ!
Amazonで売っているではありませんか。

少し古くなる話だが、美談?をひとつ。
”故郷の病院に戻ってきた医師”として、
住友和弘氏という院長がいた。
残念ながら、平成22年に6年間の勤務を
終えて退職されたが、
田舎の小さな町から医大に進み、故郷の
医療危機を知って町に戻ってきた人である。

彼と中頓別町の地域医療についての
論文を発見。興味のある方は、一読を。

”地域医療を考える ―中頓別町にて―” 佐藤 雅代
http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/5121/1/KU-1100-20100610-02.pdf

地方の医療崩壊が叫ばれる時期、
小さな町から、優秀で志を持った医師の誕生は
ある意味では、地方の人たちの心を
熱くさせる話である。

近年、都会の進学校が医学部指定学校と
なり、優遇されているのを何とも醒めた目で
見ているのは、私一人ではないだろう。

目の前にいる生徒は、
管内屈指の進学校の生徒たちだが、
医学部を目指している者も多い。
親が医学部を薦めるケースも多く、
果たして彼らが主体的にどれだけの志で、
医者を目指しているのだろうか。

たくさんの医者が生まれるなか、
地域医療で働く医師を目指す人々の
誕生を期待したいものだ。

2013年11月 4日 (月)

旭岳はきれいで白かった!温泉と少年野球から日本シリーズまでの観戦三昧の一泊二日の旅。

11月3日も、
近間の温泉ということで、
旭岳に行って来ました。

早めのチェックインを
しましたが、ホテルは
やや対応に時間がかかった。

早速、部屋に入って
TVをつけると、
ケーブルTVの衛星放送で
小学生の野球放送。
珍しくも始めてTVで見ました。
しかも、
女の子がピッチャーでした。
時代を感じてしまった。

Potet2

Potet3

で、部屋の風呂はというと、
何ともモダンなお風呂…

Asahidake3


食事はバイキングでしたが、
宿泊客は10組ぐらいだったので、
こじんまりとセットされていました。
でも、サービスの2品が出て、
もうお腹は一杯に
なってしまいました。

そして、いよいよ日本シリーズの
第7戦の観戦に突入!

昨日は、大方の予想を裏切って、
マー君が巨人打線にやられましたが、
今日は美馬が良いですねえ。
杉内は、楽天の球場と相性が悪いと
いう噂もあり、イマイチ
ぴりっとしません。

楽天選手の気迫が、遥かに
巨人選手を上回っている感じです。

強いチーム、伝統のあるチームは、
どこかで守ろうとする
意識があるのではないでしょうか。

楽天はみんなして、
必死に攻めている感じです。

巨人選手は、相手より自分に
勝ててないのかなと…

昔むかし、巨人軍の川上とか長島が
山ごもりとか座禅で修行とか
していましたよね。

あれは、プレッシャーに勝つとか、
集中力をつけるとか、
己の精神力を鍛えるための
やっていたような気がします。
まさに”野球道”を極めようと
していたのではないのか?と
思ってみたりします。

それと比較すると今年の巨人の
選手には精神力の強さは感じられず、
楽天の田中投手のような
精神的支柱もなかったような気がします。

まあ、負けるべくして負けたのかな?
とあまり盛り上がらず試合を見ていました。

そして、9回裏。
田中投手がマウンドに…。
星野監督も仕掛けたのかな?
それとも、田中投手は
日本での最後の試合を
きちんと締めておきたかったのかな?
と思ったりしました。
シーズン最後を
打たれたままで終わるのと、
押さえて終わるのでは気分的に
全然違うと思うものね。

プラス思考で終わるか、
マイナス思考で終わるかは
大きな違いです。

そんなことを考えながら、
”楽天、天晴れ!おめでとう!”
と思いました。

翌朝、良い天気になったので、
旭岳のスナップを撮って帰ってきました。

Asahidake1

ホテルは、
旭岳万世閣ホテルディアバレー。
正直いうと、
もうひとつのベアモンテの方が良いです。
こちらは、今回限りと言うことで。

野球もホテルも勉強させて頂きました。

2013年8月 4日 (日)

足のむくみ、痛みに”バブバンドル”が驚きの効果!十勝川温泉ホテルで8分浸かって、快足になった!

以前から、足のむくみ・だるさ・痛みに
ひとり悩んでいたのだが、
先日、帯広に近い十勝川温泉の
ホテルに宿泊。

そこのお風呂に、
ジェットバスのようなものがあり、
何の気なしに入ってみた。
座わるスタイルだったが、
高圧ジェット気流(?)
が、背中、ふくろはぎ、足裏にあたる。
これがまた気持ちが良い。

しばし、この強い水圧を受け止める。
時間にして8分から10分程度。
隣では、滝のように打たせ湯を
浴びている人がいて、
しばし修行者のように見えて
面白かった。

そして、夕食バイキング。

部屋に帰ってきて、ん?!

おぉ~。いつもの足のだるさがない!
さすが、温泉の効果だな~。
と思いつつ、

翌日は、道東自動車道のトンネルを
越えまくって、富良野マルシェへ。

ほう、まだ足のだるさ・痺れがないわ。

2日経ち、3日経ってもだるさが
来ない!
もう1週間経ちましたが、
だるさがありません!

ということは、アレが効いたのか?

ということで、アレを調べると、
”バブバンドル”というモノでした。

Bub1

販売会社の紹介によると、
「蛸壺のような深くて狭い浴槽に
 立って入浴。水圧を全身に受け
 ながら、浮力を利用してからだ
 をゆるやかに動かします。
 側壁一帯から全身に高圧ジェッ
 ト圧注。内部機能不調・むくみ
 ・運動不足などに最適のアイテ
 ムです。」

実物は、これとは若干異なったが、
確かに、「むくみ」には効いた!

問題は、何日持つのか?ということ。

早速、帰宅してから
この”バブバンドル”のある
近間の温泉・健康ランドを
探しましたがありませんでした。

北海道では、
十勝川温泉の”ホテル大平原”
にしか、この”バブバンドル”は
ありませんでした。

足でお悩みの方は、一度はお試しを…。

2013年6月22日 (土)

自立しようとするパワーが素晴らしい! ”バイオマス”で成長する町、下川町の現状。古賀茂明氏も絶賛!

6月19日の報道ステーションで
「エネルギーで未来を作る町
 ~下川町の挑戦」が放映された。

この町の近くに14年住んでいたので、
何とも懐かしく見ていた。

私がいた頃は、JRも廃止されバス運行となり
下川鉱山も昭和57年(1982年)に
閉山され、財政再建団体にも陥った町である。

今もそうなのだろうが、
スキーの「ジャンプ少年団」の育成に力を
入れていて、葛西選手などはこの少年団の
出身である。

昔むかし、下川鉱山を訪れたことがあるが、
劇場などがそのままに残っていて、
犬一匹いない、まさにゴーストタウンの跡
という感じがした。

Simokawakouzan

その下川町が、「木質バイオマス」を
エネルギーとしていろいろな取組みを行い、
町を活性化しようとしている。

この「木質バイオマスエネルギー」とは、
林地残材や端材などの生物資源を燃やして
熱などのエネルギーとして利用すること
だという。

60年サイクルで循環型森林経営を
実施するという。
森林組合も活気にあふれている。

下川町にある唯一の資源”森林”を
活用し、「木質バイオマスエネルギー」
としてバイオマス発電にも取り組んでいる。

ゆくゆくは、町の電力を補充。さらには、
近隣町村に電力販売も考えるという。

中学生以下の医療費無料化や、
0カーボン住宅の建設など実施している。

報道ステーションの「下川特集」は、
この町の様々な取り組みを、上手に紹介
していたと思う。

もと経産省キャリアの古賀茂明氏も絶賛!
「国よりも、この町は進んでいる!」と。

Simokawa

番組の最後に語っていた、
環境未来都市推進本部 春日隆司部長は、

 
日本の小さな町のチャレンジだが、
 このモデルを日本のモデルとしていきたい。
 そして、
 このモデルは海外にも輸出展開していける

 何とも、力強い言葉だ!
一番頼もしいのは、政府・国をあてにせず、
自力で推進し、立ち上がろうとする気迫、
 そして、
この取組を輸出しようという”したたかさ!”

道北に、
こんな”元気のある町”があって、嬉しい!

報道STでの”下川特集”を見たい方は、
こちらです。 
http://www.tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hst/feature/detail.php?news_id=29986

2013年6月15日 (土)

毛無山の展望に、しばしこの世を忘れちゃったぞ! 今年も行ってきました、「道南・珍・道中」。

今年も60を過ぎたおっさん方が
9人も集まって珍道中。

年に一度の行事なのですが、
今年は、最高齢のWGさんの
たっての希望で”釣り”旅行を。

で、あんなに「釣り、ツリ」と
わめいていた人が、No竿で登場。

どういうこっちゃ?

で、朝から軽くビールを飲みながら、
一路、道南の日本海の釣り場へ。

素晴らしい、快晴でした。

Aozora2

う~ん。
釣りの成果は、自称”漁師”という
方が、さすがの実力を発揮して、
カレイを6尾。
他の方は、坊主かヒトデでした。

お宿は、田舎の町ですが、
キレイでややモダンな旅館でした。

快適、快適。宴会も終わり、
2次会で街に繰り出し、1軒しかない
スナックへ。

そして、旅館に戻ってきてから、
スッタモンダが始まりましたが、
余り気分のいい話ではないので省略。

翌日、再度、港で釣りをするも、
みごとに、ものの見事に坊主。

昼食に、ホッケ定食を食べ、帰路に。
赤井川のキロロを横目に、山を登り、
毛無山展望所で眠気覚ましに下車。

と、ところがここの展望が素晴らしい!
雲海が右手に、正面には小樽の街が見える!

早速、シャッターを切ったが、
出来はイマイチ。

Kenasi2
 

聞くところによると、
ここからの小樽の夜景が凄くキレイで、
デートスポットだったり、
ライダー達に人気のコースだという。

Yakei

 
この素晴らしい景色を見て、
昨夜の出来事はアホらしく思えてきた。

元凶の方は、車中で熟睡していた。

やれやれ。

2013年3月10日 (日)

冬はやっぱり、雪見風呂。大人の隠れ家、白金温泉郷”森の旅亭 びえい”を体験!

昨日、今日とここ北海道は
大荒れの天気です。

朝に雪ハネをしましたが、
あまりの吹雪に午後からの
除雪は断念。

ひたすら、吹雪が止むのを待つだけ。

昔の人は、雪が降れば、雪ハネをして
疲れた体を温泉で癒し、
夜はお酒を飲んでゴロリと寝る。
そして、ひたすら雪解け、春を待つ。
そんな暮らしだったのでしょうかね。

さて、そんな気ままな生活を送れませんが、
先日、冬の格安料金ということで、
大人の隠れ家 白金温泉郷” 森の旅亭 びえい”
に行ってきました。

Biei3_3

結構、雪深き山奥にひっそりと旅亭はありました。
ほぼ8割の部屋が露天風呂つき。

早速、零下の中、冬の露天風呂に挑戦!
ブルル、寒う~。
でも、湯船につかるとそれなりの温度で
のんびり浸かることができました。

Biei2_2

が、頭に異変が…。
頭髪が寒さのためにバリバリになって…
なんと、
洗髪をして露天風呂に入ったため。
自分の状況判断の甘さに失笑。
「バカだな~。お前は…」

Biei1_4
 

部屋は落ち着いた雰囲気で、何と
時計はありません。全部屋、禁煙!
煙草は、外気を感じながら
近くの喫煙室で。

一部屋ずつ段違いなので、足の不便な人
には不向きではあります。

Biei6
 

食事は、食事処で夕・朝食を。
各グループ毎に仕切部屋で食事なので
のんびりと取ることができます。
食材は、地元産にこだわったもの。
美瑛牛なんていうのも出てきます。

浴場は、平日で泊まり客も少なく、
貸切状態でした。露天風呂には、
雪だるまがあって、ほほえましかったです。

のんびりと大きな浴槽で、
湯に浸かりました。

私のお気に入りは、部屋にあった
お迎えのお菓子ですね。

帰りにしっかりと買いました。
そして、お土産に美瑛産のジャガイモを
貰って帰ってきました。

のんびりとした一泊二日が、過ごせました。
また、安くなったら行きたい旅館です!

2013年3月 4日 (月)

あらら!うふふ!何とも開放的なトイレを発見!しかも、これがホテルなんです!

しばらく、更新していませんでした。
我が家に不幸があり、
バタバタしてとても更新する
心の余裕がありませんでした。

今日は、少しソフトネタで…。

先日、法要でホテルに行って来た。
いつものパターンの
法要料理に飽きて、
ちょっとトイレでも…。

と、出かけたところ
一番恥の端の個室が洋式で
ドアが開いていた。

何故か、その個室から光が
差し込んでいる。

広い窓でも取ってあるのか?と
覗いて見ると、
魚ぎょ魚のギョ!
なんと、便座の高さのところまで
窓があるではないか!

Ts2171

ようするに、外から丸見えの
開放的すぎるトイレであった!

外の雪が反射して眩しい!

日差しを浴びながら、
日光浴を兼ねた健康的な
トイレをすることが出来る。

道北の中核都市の料金も建物の高さも
一番高いホテル!

Ts2172_4

お暇な方は、
どうぞ見に出かけてみて下さい!
別に、泊まる必要はありません。

2012年9月11日 (火)

国宝「中空土偶」にご対面!凄すぎる縄文時代の人々のワザに感動!人間は本当に進化しているの?

今年の弥次喜多珍道中は、
旧南茅部町に行って来ました。

白髪、スキンヘッド、皺顔の
親父七人衆での凸凹旅行。

縄文文化交流センターという
いやあ~お金のかかっている
立派な箱物ですわ。

そこの一階に、暗闇の中
微かなスポットライトを浴びて、
「中空土偶」がありました。

Kutyu

しかし、よく見れば見るほど、
細かくて綺麗に良くできています。
3500年前(縄文時代後期)の
作品だというけれど、
ひょっとして、人間って
進歩進化してないのでは?と
思うぐらいの素晴らしい出来です。

その他、翡翠のまが玉があったり、
漆にアスファルトなど、交易品が
出てきていました。

ヒスイの多くは新潟県産。
天然アスファルトは、秋田県産や
新潟県産もの。

想像以上の広範囲でダイナミックな
交易が行われていたようです。

改めて、人間の偉大さ、凄さを
感じ取ってきた旅行でした。

そして、人の温かさも。

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック