無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス

金色書店

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

むむむ!肺に穴があいているのでは? ビックリ仰天!おっさん、気管支鏡検査への道 第1弾。

6月は、東京都知事の件ですったもんだ。
で、最後は「逃げるが勝ち」で、
何も明らかにならないまま、
お金も返さぬまま、
挨拶もしないまま
消えてしまいましたね。
 
これって、結局、桝添山の勝ちですよね。
作戦負けという感じがします。
 
世間は、マスコミは攻撃一色に
なっていましたが、
私個人としては、
検査・検査で攻められていました。
 
6月上旬、いつものように
喘息の薬を貰いに、かかりつけの医院に。
 
「 1年ぐらい、胸のレントゲンを
 撮っていないので撮りましょうか」
 
出来上がってきたレントゲン写真を見て、
「 右の肺に、何か陰がありますね。
  CTを撮ってみましょう」
 
CTの結果写真で、
「 右の肺には、空洞が見られます。
 左の肺には、何やら拡張した血管が…。
 これは、気管支内視鏡と造影CTで
 詳しく調べた方が良いでしょう」
 
「 あの~、空洞があるということは
 どういうことが考えられるのですか?」
 
「結核から、最悪は癌かな~」
 
おっと、タイトルとは真逆だったかな。
 
Bikkuri2
 
それほど、ビックリもせず…
 
へえ~。そういうもんなんだ…と、
何となく話を聞いていました。
 
そして、話はスッスッと進み、
来週に、大病院で検査をしましょう!
ということになり、
今日の診察・検査料
13、000円を払い、家路に着きました。
 
そういえば、心なしか右の肺が、
スウスウしているなあ~。
冗談です。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック