無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス

金色書店

« 今年は、果てしない道で行こう!Wes Montgomery「Road Song」とWalter Whitman の「Song of the Open Road 」で、おめでとう! | トップページ | 高倉健がベタ褒めした「運動靴と赤い金魚」を見た!ひたむきな兄妹愛に、優しさと涙が混じる。 »

2015年1月 4日 (日)

三田紀房の「プレゼンの極意はマンガに学べ」を読んで、極意をまとめてみた!!!

昨年の暮れに、三田紀房の
「プレゼンの極意はマンガに学べ」
を手にして、一気に読んでしまった。

説得力のある話が並んでいて、
おもしろく読めた。
だが、これで終わり!にしては
勿体ない気がしたので、自分なりに
まとめてみた。
多少、筆者の思い・考えと
異なるかも知れないがお許し願いたい。

『プレゼンの本質は
 「他者を味方につける」行為だ』

マンガが支持される理由は何か?
それは、マンガの持つ「構造」と
圧倒的な「わかりやすさ」。

「構造」のひとつに「引き」がある。
ラストに設定し、読者に
「次を読みたいと思わせる」
仕込まれた重要なテクニックだ。

【企画立案の5法則】

(1)企画立案とは「新規出店」
 マンガ誌をショッピング・モールと見立て
 リサーチをして、競合の回避を図り、
 世の中の流れを考えて、空席をみつける。

(2)流行は「残像」である
 流行を追っても、スグに揺り戻しがくる。
 世間のでかい流れのその逆を張れ。

(3)どでかい「ゴール」を用意せよ
 企画で最も大切なのは「ゴール」の設定。
 第一目標は、「ゴール」にたどり着くこと
 ではなく、「注目」を集めて同意を取り
 付けること。ゴールは大きすぎても構わない。

(4)アイデアが降りるのを待つな
 その分野の「王道」を徹底分析し、
 盗めるものは盗み、自分のものせよ。

(5)結論から先に考えろ
 最後の「引き」のコマから考える。
 これを明確にして、逆算式に
 話全体の構成を検討する。

【資料作成の5法則】

(1)謎という名のフックをかけろ
 興味のない人間を振り向かせるには、
 プレゼンのスタートで興味を持たせる
 「気になる謎」をちりばめる必要がある。

(2)議論の行き先を明示せよ
  プレゼンには、「物語」すなわち、
 「バスの走る道」が必要。
    ①そのバスは、どこからやってきたのか
   (プレゼンする理由)
    ②そのバスは、どのような道を走るのか
   (プレゼンの論理的展開)
  ③そのバスは、どこをゴールにするのか
   (プレゼンの結論)
 ①はあえて、丁寧な説明をせず、シンプルで
  短いものにする。

(3)7割のリアリティを守れ
 人が「おもしろい」と思うのは、
 「意表をつく仕掛け」だ。
 だが、「意表をつく仕掛け」ばかりを
 並べると、刺激に慣れつまらなくなる。
  そこで、「非常識」を考えよ。
 「非常識」は、「常識の文脈」に
 のせてこそ光輝く。

(4)見せ場は3割オーバーに描け
 メリハリをつけろ!

(5)企画の「ビューポイント」を設置せよ
 作者が一番訴えたい主張や言葉を
 気づいてもらうため。
 このプレゼンの「肝」はどこにあるのか?
 を考えつくせ。

【理解促進の5つの法則】

(1)ベタであることを恐れるな
 クライアントは常に「新しい」を
 求めている。だが、プレゼンの手法は
 ベタ(古典的)で良い。求められて
 いるのは「手法の新しさ」ではなく
 「内容の新しさ」である。

(2)資料に「リズム」を持たせろ

(3)要素を引き算で考えろ     
 コマ数や文字数が多いと読みづらい。
 そこで、「引き算」で考え、ムダなものを削ぐ。

(4)先に大枠を決めてしまえ
 絶対必要な論の骨格となる「大ゴマ」
 から考える。
 構成とは「大ゴマの配置を考える作業」。

(5)顧客を明確にせよ 
 ユーザとの対話を考えよ。
 クライアントが資料を「捨てたくない」と
 思わせるようなパッケージ等の工夫をせよ。

【発表本番の5つの法則】

(1)企画を「ひと言のセリフ」で説明せよ
 セリフ化されたコンセプトは非常に直截的だ。
 コンセプトをセリフにすると、
 自分が「誰に」「何を」「どういう形で」
 伝えたいのかはっきりする。
 核となるキーワードを最低3回は繰り返せ。

(2)自分だけの「決めパターン」を作れ
 プレゼンする側としては、「稼ぎスター」を
 手元に抱えよ。
 自分なりに「こいつを使えばうまくいく」
 という切り札・得意パターンをみつけよ。

(3)ライバルは魅力的に描け    
 プレゼンで最終的に勝利をおさめるのは、
 自分の企画・アイデア・商品である。
 競合他社を無視したり、貶めたりせず、
 最大限に評価をし、逆転HRを打て。

(4)大きな壁に挑み続けろ 
 プレゼンの禁止事項は「負けを認めること」。
 最後まで「永遠の挑戦者」として、
 常に前に進むことを考えよ。
 根底には、挑戦者としての「熱」が必要。

(5)自分自身が最大のファンになれ
  守るべきことは①締切の時間を破らない
 ②他の誰よりも自分自身が楽しむこと。
 自分が楽しみながら作った資料は、
 他者を巻き込む楽しさを持っている。

自分の大好きなマンガを
「コミュニケーションの教科書」として、
もう一度読み返そう。

マンガのわかりやすさは、
絵があるからわかり易いのではない。
キャラクターの設定から、
各ページのコマ割り、
最終ページの「引き」まで、
マンガという構造そのものが
「わかりやすさ」を支えているのだ。

« 今年は、果てしない道で行こう!Wes Montgomery「Road Song」とWalter Whitman の「Song of the Open Road 」で、おめでとう! | トップページ | 高倉健がベタ褒めした「運動靴と赤い金魚」を見た!ひたむきな兄妹愛に、優しさと涙が混じる。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221949/60922057

この記事へのトラックバック一覧です: 三田紀房の「プレゼンの極意はマンガに学べ」を読んで、極意をまとめてみた!!!:

« 今年は、果てしない道で行こう!Wes Montgomery「Road Song」とWalter Whitman の「Song of the Open Road 」で、おめでとう! | トップページ | 高倉健がベタ褒めした「運動靴と赤い金魚」を見た!ひたむきな兄妹愛に、優しさと涙が混じる。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック