無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス

金色書店

« 「所さんの目がテン!」で学んだ”売れないマンガ”を分析力で”売れるマンガ”に変身させる方法。 | トップページ | 今年は、果てしない道で行こう!Wes Montgomery「Road Song」とWalter Whitman の「Song of the Open Road 」で、おめでとう! »

2014年12月28日 (日)

高倉健の「あなたに褒められたくて」から、新たな”健さん像”を発見!

Home

この本は、
作家・檀一雄さんが長女に宛てた
ポルトガルからの手紙の書き出し
から始まった。

「空がからっぽになってしまって、
 空気さえないみたいに、
 太陽ばかりが光り輝いています」

こういう一文に惹かれる高倉健さん
は、ロマンティストな人だと思った。

檀一雄(1970~1972)が住んでい
たというサンタ・クルスに撮影で訪
れる。

そこで、壇の生活の様子を思い浮か
べる。王宮と呼んでいた貸別荘、お
しゃべり好きのお手伝いの叔母さん
と愛犬。
着物に雪駄で、籠をぶら下げ買い物
に出かけ、海辺にたたずみ、そして
執筆。まるで、目に浮かぶような表
現だ!

壇一雄の一句、
「落日を 拾いに行かむ 海の果」

その綺麗な夕陽を撮るのが、仕事の
終わり。撮影の待ち時間に、健さん
が書いたのは、

「ヨーロッパ大陸の最西端のロカ岬
 の村はずれのカフェで、この葉書
 を書いています。
 夕陽が大西洋に沈む、その時を待
 ちながら、なぜかあなたのことを
 とっても思っています。」

でも、あなたは誰なのか?書いた本人
もわからない「宛名のない絵葉書」。

こんな風に、この本は始まっていた。

引用が長くなりましたが、以下、気に
なった話を書き出したいと思います。

「善光寺詣り」

善光寺に31回お詣りに行ったという。
何故、善光寺に惹かれるのか?
健さんの5代前、幕末を生きた小田宅子
(いえこ)という女性が、伊勢神宮、善光
寺、日光、善光寺と150日の参詣の旅
をしたという話を短大の前田先生から教
えられる。やや、謎が解ける?

 そして、萬屋金之助に勧められて(?)
買った鎌倉の墓地。墓地の近くの宝戒寺
を訪れ、家系図の一番最初にあった苅田
式部大夫篤時(北条篤時)の名を口にする。
それを聞いた住職は驚き、北条氏の菩提
寺である東勝寺を案内してくれる。
健さんのルーツを知る一編。

「お心入れ」

田村高広の親戚の家に泊まると、朝にお
茶がでる。抹茶。茶室での一服。
茶室にある掛け軸や、一輪の花などを見
ながら、「お心入れ」を思う。

茶道の言葉である「お心入れ」とは、
もてなす側も、もてなされた側も言葉に
は出さないが、お互いにその気配りに気
づき、心でそっと受けとめるということ
でしょうか。

健さんの言葉でいうと、
「お互いにわかっているって、何も言わ
 ないで出すんだけれども、これだけは
 あなたのために自分は選んできたんだ
 って言いたいけれども言わない。
 で、出されたほうは、これだけ気をつ
 かっていただいて出してもらった、み
 んなわかってる…それはもうある意味
 では、(日本の)文化だっていう気が
 するんですよね。」

外国人バージョンで「ブラック・レイン」
で共演したマイケル・ダグラスが、
スタッフ18人をレストランに招待し、
「Survival from Black Rain」と白抜き
した黒Tシャツに赤いリボンをして配って
くれたことがあったという。
突然の「お心入れ」に痛く感動したようだ。

「兆治さんへの花」

ロッテ・オリオンズの村田兆治の引退をTV
中継で見ていて、彼の今までの生き様に感動
し、花籠を届けたくなった。
3~4時間もかけて迷いながらやっと成城の
自宅を探しあてる。が、自宅には誰もおらず、
花籠と手紙を開いていたガレージのなかの車
の上に置いて帰ってきた。
暫くして、村田氏の奥さんより御礼の電話が
あり、奥さんと一緒に帰ってきたスポーツ紙
の記者の知ることとなった。
記事にしたいの申し出を、「男同士の心のど
こかにそっとしておきたい」と、断ったとい
うお話。
思いついたら、即実行という健さんの性格が
良く出ている話だ。

「都荘の表札」

(小林)稔侍はいとき悲しいとき、いつも側
にいてくれた人。健さんが若い頃住んでいた
アパートを何十年ぶりに、稔侍氏等数人で見
に行ったところ、アパートは跡形もなく消え
ていた。門柱だけは残っていて「都荘の表札」
が、ひっそりと残っていた。記念に欲しいと
ころだったが、外れそうもないのでそのまま
後にした。
2ヶ月後に、稔侍氏とメシを一緒にしたとき、
稔侍氏は、あの「都荘の表札」を手にしてい
た。ドラマで使用したヘルメットを被り、工
事の振りをして外してきたという。

「あなたに褒められたくて」

最後は、明治女の母に向けての一編。
健さんは、小学校2年生のとき、肺浸潤(肺結
核の初期段階)という病気にかかり一年間休学。
その時、毎日精がつくだろうとウナギを食べさ
せられた。毎日のウナギは辛かったという。
静養と読書で一年間を過ごした。
映画俳優になっても母は色々心配をしたという
のは、様々なソースに書いてあるのでここでは
省略。
でも、母親だなと感心したのは、任侠映画のポ
スターで背中に入れ墨をして刀を持った写真を
使ったのがあるのだが、その写真を見て、踵に
張ってある肉絆創膏を見つけアカギレに気をつ
けなさいと言ってきたという。
そのボスターはどれなんだろう?
探してみた。
「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」? 
これだろうか?

Ikarajisi

良くも悪くも、健さんの母親の影響は大きかっ
たようだ。

この本から、感じたのは「不器用ですから…」と
いうセルフを言う男優でも、映画のスクーリンで
見る健さんでもなかった。

私の知らない健さんの一面(多面)を見せて貰っ
た気がする。
繊細な感覚の人。本を良く読み、賢い人。
こだわりを持っている人。律儀な人。
思い立つと即行動する人。形から入る人。
まだまだ…。
この本の最後は、こんな一文で締めくくられてい
ました。

「別れって哀しいですね。
 いつも--。
 どんな別れでも--。」

« 「所さんの目がテン!」で学んだ”売れないマンガ”を分析力で”売れるマンガ”に変身させる方法。 | トップページ | 今年は、果てしない道で行こう!Wes Montgomery「Road Song」とWalter Whitman の「Song of the Open Road 」で、おめでとう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221949/60878859

この記事へのトラックバック一覧です: 高倉健の「あなたに褒められたくて」から、新たな”健さん像”を発見!:

« 「所さんの目がテン!」で学んだ”売れないマンガ”を分析力で”売れるマンガ”に変身させる方法。 | トップページ | 今年は、果てしない道で行こう!Wes Montgomery「Road Song」とWalter Whitman の「Song of the Open Road 」で、おめでとう! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック