無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス

金色書店

« 造本作家 駒形克己の生き様が凄い!触れる・感じるを通して子供たちに夢を届ける絵本づくりに驚嘆! | トップページ | 北海道人なら是非!聴こう!宮崎奈穗子の泣けて勇気が貰える「ななつの星に願いを込めて~北海道米応援のうた~」 »

2013年9月29日 (日)

半沢直樹第4弾「銀翼のイカロス」のモデル?JALの最盛期の城達也の「ジェット・ストリーム」を聴いてみたくなった

日本の翼として、長年君臨してきた
JALが、2010年1月19日に
会社更生法の適用を申請。

日本人の憧れの翼「JAL」が
崩壊した瞬間だった。

同年年2月1日には、
新経営陣として、大西賢氏が
代表取締役社長兼グループCOOに、
さらに経営の神様・稲盛和夫氏が
(京セラ株式会社代表取締役名誉会長)
代表取締役会長兼グループCEOになり
大西・稲盛体制・新経営陣が発足した。

この時期をモデルにして書かれたのが、
池井戸潤の「銀翼のカルロス」だと
思うのだが?

そんなことをつらつらと考えていたら、
昔むかし、自分が大学生だった頃
FM東海で流れていた0:00からの
「ジェット・ストリーム」が
聴きたくなった。

あの頃は、ステレオ放送も珍しい頃、
番組冒頭の左右から流れる
ジェット飛行機の音が
まるで時代を後押しするような力強さと、
夢を感じさせたものだ。

Mr.lonlyをBGMに城達也が語る
あの詩が今も耳に呼び戻される。

「夜の静けさ、闇の中から、
 無限の想いや考えが浮かんでくる」

というところが好きでしたね。
部屋を暗くして、ジッとこの番組を
聴いていたのを思いだします。

遠い地平線が消えて、
 深々とした夜の闇に
 心を休める時、
 はるか雲海の上を
 音もなく流れ去る気流は、
 たゆみない宇宙の営みを
 告げています。


 満天の星をいただく、
 はてしない光の海を
 ゆたかに流れゆく風に
 心を開けば、
 きらめく星座の物語も
 聞こえてくる、
 夜の静寂(しじま)の、
 なんと饒舌なことでしょうか。

 光と影の境に消えていった
 はるかな地平線も
 瞼に浮かんでまいります。

  日本航空があなたに
 お送りする音楽の定期便
 ジェットストリーム
 皆様の夜間飛行の
 お供をするパイロットは私、
 城達也です

パイロット役の城達也さんの
最後の放送は、1994年12月。

この詩の作者は、
劇作家の堀内茂男さんだという。

夜間飛行のジェット機の
 翼に点滅するランプは
 遠ざかるにつれ
 次第に星のまたたきと
 区別がつかなくなります。
 

 お聴き頂いておりますこの音楽も
 美しく、あなたの夢に、
 溶け込んでいきますように。
 

 日本航空がお送りした
 音楽の定期便『ジェットストリーム』
 夜間飛行のお供をいたしました
 パイロットは私、城達也でした。
 また明日、
 午前0時にお会いしましょう

”おやすみなさい”

« 造本作家 駒形克己の生き様が凄い!触れる・感じるを通して子供たちに夢を届ける絵本づくりに驚嘆! | トップページ | 北海道人なら是非!聴こう!宮崎奈穗子の泣けて勇気が貰える「ななつの星に願いを込めて~北海道米応援のうた~」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221949/58286221

この記事へのトラックバック一覧です: 半沢直樹第4弾「銀翼のイカロス」のモデル?JALの最盛期の城達也の「ジェット・ストリーム」を聴いてみたくなった:

« 造本作家 駒形克己の生き様が凄い!触れる・感じるを通して子供たちに夢を届ける絵本づくりに驚嘆! | トップページ | 北海道人なら是非!聴こう!宮崎奈穗子の泣けて勇気が貰える「ななつの星に願いを込めて~北海道米応援のうた~」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック