無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス

金色書店

« ブラブラ、気ままに歩いてきた人生だろうか? 4月1日が誕生日の人に贈る歌、加山雄三の”逍遙歌” | トップページ | 現代のヤバ高校生に送る! パロディ・ソング「勉強できない 子どもたち」 »

2013年4月 6日 (土)

"Playing for Change"に出てきた 'Tula' の素朴でフリーダムな「小さなメロディ」のエンディング曲Teach Your Childrenを聴いてみる!

"Playing for Change"という
プロジェクトで
「Chanda Mama」という曲の
最初に出てくる鼻ピアスをした
歌手 'Tula' は、
イスラエルはテルアビブ出身。

Tula

気になったので、ググってみた。

"Playing for Change"の
プロデューサーが現地で見出した
ミュージシャンの一人だという。

'Tula' ことベン·アリ
(Tal Ben Ari 'Tula' )は、
1983年テルアビブで生まれ。

現在は歌手、作曲家、ミュージシャン
としてスペインのバルセロナに住み、
活動しているという。

彼女は、民話や伝統音楽や、
現代音楽との様々なリズムと
メロディを融合した
新しいタイプの音作りの
リードシンガーとして
世界中のミュージシャンと
コラボしているようだ。

バルセロナで歌ったいた1曲を
発見!
その名も、
「Teach Your Children」

クロスビー・スティルス・ナッシュ
&ヤングによる「小さな恋のメロディ」
のエンディングの曲として有名な歌。

ちょっと古いかな?

Tal Ben Ari 'Tula' and Roberto Luti
(PFC Day)

ところどころ抜粋して
やたらかみ砕いた訳にしてみたけど、
これって、
”親子の対話”の歌なんだあ!

1.子どもたちに ちゃんと教えろよ
   親がただガミガミ
      怒って言ったとしても
   そんなの真面に
      聞いてくれやしないよ

 

    そうじゃなく、
    まず自分の夢を語ってみろよ
    子どもたちが
    心惹かれる夢があるかもしれない
   親だけが思っている
       夢かも知れないけど

2.親に ちゃんと伝えてごらん
   何もかも縛られる子供時代なんて、
   ほんの束の間、
    いつかは過ぎていくものさ
 
    だから、
    親に自分の夢を語ってごらん
  親の期待通りのものもあれば、
     そうじゃないのもあるだろう」

 

3.決して「なんで?」なんて
   問い詰めちゃだめさ
   話しているうちに
   ケンカになっちまうからね
  そう、ただ見つめて 
      大きく息をついてごらん
  そうすれば 
   子どもたちが、親を
   慕っていることがわかるから
   親が君を
   愛していることがわかるから

« ブラブラ、気ままに歩いてきた人生だろうか? 4月1日が誕生日の人に贈る歌、加山雄三の”逍遙歌” | トップページ | 現代のヤバ高校生に送る! パロディ・ソング「勉強できない 子どもたち」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

短歌・川柳・詩」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221949/57116583

この記事へのトラックバック一覧です: "Playing for Change"に出てきた 'Tula' の素朴でフリーダムな「小さなメロディ」のエンディング曲Teach Your Childrenを聴いてみる!:

« ブラブラ、気ままに歩いてきた人生だろうか? 4月1日が誕生日の人に贈る歌、加山雄三の”逍遙歌” | トップページ | 現代のヤバ高校生に送る! パロディ・ソング「勉強できない 子どもたち」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック