無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス

金色書店

« 大泉洋の主演で楡周平の「プラチナタウン」がドラマ化。でも、これってリタイアメント・コミュニティの日本版のお話?ちと、考えることが… | トップページ | 凄すぎる!40の効果・効能があるというプロビタC!「がっちりマンデー」の”儲かる化学式特集”から、お勉強しました! »

2012年8月18日 (土)

宮部みゆきの映画「理由」を観た。キラリと光っていた寺島咲がもう22歳。『私の叔父さん』に出てるんだあ!

今日は、朝からどんよりとした天気。
相変わらず右肩は鈍痛で、家業?の
プリント作りの気も進まず、
かといって「地下鉄に乗って」も、
やや止まっていて、
これまで撮り貯めていた映画でも観るか
ということで、SWをON! 

もう8年も前に、WOWOW「doramaW」
シリーズの1本として映像化された
宮部みゆきが直木賞を受賞した「理由」
を観ることにした。

有名な小説だから、あらすじは
皆さんご存じでしょう。

申し訳ないが、私はタイトルを知って
いただけで、内容は全くの白紙状態。

荒川区の高層マンションで起きた
一家4人殺害事件。
ところがその一家というのが…

その事件の謎解きを、インタビューを
繋いで解明していく流れでした。

その章?節?毎に字幕が入るのだけど、
つい先日観た『女と男のいる舗道』も
こんな手法だったなあ。
フランス映画のゴダール監督の作品。

場面毎に説明がついて始まるんだよね。
「9.若い男・ルイジ   ナナは自分が
 幸せなのか疑問に思う」というように。

さてさて、本題の映画ほうは、
大林宣彦監督が大物スターたちを贅沢に
なんと107人も起用したという…。

この映画、何分か知らなかったのだけど、
長いなあ~って観ていたら、2時間40分。
午前中は、この映画一本で終わった!

で、キャストは凄いよ!ちょっと、他所から
借りてきた奴を載せようか…

立川談志や永六輔など懐かしい顔もちらほら。
女優さんは、ほぼ全員がノーメイクとか。

映像全体は、やや暗めの色調。
サスペンス、ミステリーモードか?
多数の出演者のなかで、
キラリと光っていたのが、
片倉ハウスの長女役の”寺島咲”。

Wake2

いまでも、あの下駄の音が響いているなあ。

何やら大林宣彦監督の秘蔵っ子で、
「ポスト宮崎あおい」と呼ばれている
若手演技派女優なんだとか。
このとき、彼女は14歳だったんだ。

”寺島咲”で検索をかけてみたら、
おとっとと、「受験のシンデレラ」
へえ~、
受験業界のカリスマ”和田秀樹”
が映画監督をした…。

そして、そして
連城三紀彦の短編小説「恋文」に
おさめられていた「私の叔父さん」。
叔父とめいの禁じられた愛を描いた
小説なのだが、
高橋克典&寺島咲で映画化されていた。

Wataoji

http://www.watashino-ojisan.net/

残念ながら、この田舎にはFilmは、
廻ってきてないけれど、
そのうち観たいものですね。
22歳になった”寺島咲”を。

« 大泉洋の主演で楡周平の「プラチナタウン」がドラマ化。でも、これってリタイアメント・コミュニティの日本版のお話?ちと、考えることが… | トップページ | 凄すぎる!40の効果・効能があるというプロビタC!「がっちりマンデー」の”儲かる化学式特集”から、お勉強しました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221949/55449549

この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆきの映画「理由」を観た。キラリと光っていた寺島咲がもう22歳。『私の叔父さん』に出てるんだあ!:

« 大泉洋の主演で楡周平の「プラチナタウン」がドラマ化。でも、これってリタイアメント・コミュニティの日本版のお話?ちと、考えることが… | トップページ | 凄すぎる!40の効果・効能があるというプロビタC!「がっちりマンデー」の”儲かる化学式特集”から、お勉強しました! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック