無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス

金色書店

« 「志の輔らくごin PARCO 2012」を見ました!相変わらず、快調なテンポで~す!サディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにお願い」に、およよ! | トップページ | 「ゆうぐれ鼻炎症候群」?鼻水が止まらない!それよりも…耳、耳が痒い! »

2012年7月 7日 (土)

ビブリア検定まで登場!栞子さんの知識と解読力!すっかりハマった『ビブリア古書堂の事件手帖』。②,③を読破!速く④が読みたい!

つい先月末の当ブログで、三上延の
『ビブリア古書堂の事件手帖』
について書きましたが、
その後、書店に行き②、③を購入。

Biburi3

読み出したら、おもしろくて
止められず数日間で、2冊読破しました。

ところで、この本のタイトルにも出てくる
「ビブリア」とは、ラテン語で
「本を愛する人」という意味だそうです。
そして「ビブリオ」は、書籍とのこと。

第2巻では、
アントニイ・バージェスの
『時計じかけのオレンジ』

そして、福田定一について。
おまけに『豚と薔薇』という本。
数万円とのこと。

足塚不二雄という漫画家。

へえ~!いやあ~!
知らないこと多すぎな俺。
改めて教えて頂きました。

第3巻は、
ロバート・F・ヤングの「たんぽぽ娘」
宮澤賢治の「春と修羅」
が登場。

古書業界の世界とかも興味津々。
それにしても、物凄いマニアックな古書と
それに絡む人々との繋がり。
「人の手を渡った古い本には、
 中身だけではなく
 本そのものにも物語がある。」

と本文に出てきましたが、
今まで本を読んできて、
そんな思い入れをしたことがあったのか?
と自問自答してみました。

「ない!」 
ということは淺読みなのかなあ。

でも、こうして色々な本が出てくると、
手にとって読んで見たい!
という気持ちになるものですよね。

さて、そんなこんなで、
『ビブリア』特設サイトに行ってみました。

そこで、「ビブリア検定」なるのものを発見。
早速、やってみました。その結果が、

A5

俺って、たいしたモンだろう!

さてさて、古書とは別に謎めいた
母親・智恵子が今後どう絡んでくるか
楽しみです。 

冬には第4巻が出るとのこと。

首をながーくして、待ちますか。

« 「志の輔らくごin PARCO 2012」を見ました!相変わらず、快調なテンポで~す!サディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにお願い」に、およよ! | トップページ | 「ゆうぐれ鼻炎症候群」?鼻水が止まらない!それよりも…耳、耳が痒い! »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221949/55139659

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア検定まで登場!栞子さんの知識と解読力!すっかりハマった『ビブリア古書堂の事件手帖』。②,③を読破!速く④が読みたい!:

« 「志の輔らくごin PARCO 2012」を見ました!相変わらず、快調なテンポで~す!サディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにお願い」に、およよ! | トップページ | 「ゆうぐれ鼻炎症候群」?鼻水が止まらない!それよりも…耳、耳が痒い! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック