無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス

金色書店

« 荒木一郎の「あなたといるだけで」を見つけて、ほのぼの君になったよ! | トップページ | 「テンペスト」の3D映画が1/28公開! そして、「テンペスト体感ツアー」実施中! さらに、幻のお菓子・千寿糕復刻!ときたあ~ »

2012年1月21日 (土)

池上永一の「テンペスト」を読んで、琉球への愛国心を感じた!そして、佐渡山豊の「どうちゅいむにい」を思い出してしまった!

「読み始めるともう
 絶対に止められない」
北上次郎の言葉である。

Tempest1

Tempest2_5

そんな本に、手をつけてしまった!
上下巻合わせて、853頁。
2段組。厚くて重たい。
が、ほぼ1週間で読破。

池上永一の「テンペスト」。
昨年の暮れに、NHKBSで一挙放送に
魅せられ、本を手にすることに。

物語のあらすじは、色々なWebに
出ているので、詳細は省きたい。

500年王国”琉球”を
救うために一人の美少女が、
宦官と偽り行政官になって大活躍。
そして、側室になって真実の愛に
揺れ、そして我が子をついに…。

という話なのだが、
この本を読んで、感じたことは、
強烈な「琉球愛」である。

原作者池上永一も、
TVドラマ、舞台で演じた仲間由紀恵も
ともに沖縄県出身というのも心に残るが。

この沖縄、琉球への思いは、
今も県民の人は強く、
持っているのではないだろうか。

1400年代に琉球王国が誕生し、
1600年代には明と江戸幕府との交流、
清と薩摩の2国の狭間に揺れ、
明治、大正、昭和と時代を過ぎて、
1945年には、太平洋戦争で米軍55万の
攻撃を受け、終戦後の一時期は
アメリカに統治され、
1972年に日本に復帰された。
その後の40年経っても、在日米軍の
基地はそのまま存在している。

民主党政権になってからの沖縄の扱いは、
県民の感情を逆撫ですることばかり。

本来は、沖縄にとって一番の理解者となるべき
日本政府は、未だにアメリカから
自立も出来ず、基地問題を放置。

沖縄県民、琉球国の人々を愚弄して
いるとしか思えない。

昔々、沖縄フォーク村というLPが出て、
佐渡山豊の 「ドゥチュイムニィ」という唄に
度肝を抜かされた。

ドゥチュイムニイ - 佐渡山 豊

見事に、沖縄県民というか沖縄人の気持ちを
歌った歌だった。

歌詞の中に、

唐ぬ世から 大和ぬ世
  大和ぬ世から アメリカ世
 アメリカ世から また大和ぬ世
 ひるまさ変わゆる くぬ沖縄

(唐の支配下から 日本の支配下へ
 日本の支配下から アメリカの支配下へ
 アメリカの支配下から また日本の支配下へ
 どうしてこんなに変わっていくんだ 俺の沖縄)

そして、小さな領土ゆえ大国に振り回される沖縄。
でも、本当は独立した国として生きて行きたい
という思いが次の歌詞で表現されている。

人に飼われた鳩よりも
 雀の方が 俺は好き
 金魚バチの出目金よりも
 海に生きる タコが好き

いつか、沖縄が
平和な島、
珊瑚と綺麗な海のある島、
歌と踊りの島 になることを
願ってやまない。

« 荒木一郎の「あなたといるだけで」を見つけて、ほのぼの君になったよ! | トップページ | 「テンペスト」の3D映画が1/28公開! そして、「テンペスト体感ツアー」実施中! さらに、幻のお菓子・千寿糕復刻!ときたあ~ »

JPOP」カテゴリの記事

フォーク」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221949/53789431

この記事へのトラックバック一覧です: 池上永一の「テンペスト」を読んで、琉球への愛国心を感じた!そして、佐渡山豊の「どうちゅいむにい」を思い出してしまった!:

« 荒木一郎の「あなたといるだけで」を見つけて、ほのぼの君になったよ! | トップページ | 「テンペスト」の3D映画が1/28公開! そして、「テンペスト体感ツアー」実施中! さらに、幻のお菓子・千寿糕復刻!ときたあ~ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック