2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ”バーレスク” 「焦らしこそ」がエロチシズムの極みという、そのテクに溜息… | トップページ | ”猿の惑星”を観て、C.ミンガスの「直立猿人」を聴きたくなった!一聴に値するJazzですぞお! »

2011年10月18日 (火)

”バカ田大学”と書かれた「日本橋学館大学」だが、日本国教育の低学力と真っ正面からの対決は、絶賛モノ!立派!

 週刊誌の見出しにもなった「バカ田大学」って
書かれていたのは、「日本橋学館大学」でした。

ちょっと不思議なのが、所在地。
「日本橋」というネーミングなのに
場所は、千葉県柏市柏1225-6。
ちょっと、笑ってしまうね!

Nihonbashiuniv

http://www.nihonbashi.ac.jp/

さて、その大学のHPを覗いてみました。

「リベラルアーツ学部」という
耳慣れない学部。
学科は、総合経営学科・人間心理学科・
総合文化学科の3学科。
学生数700人弱。

この大学の教育理念は、簡単にいうと、

「リベラルアーツ」という言葉を
使っていますが、
古代ギリシアから言われている
基礎学力をキチンと身につけ
それを専門知識のなかで活かしていく力を
つけようということではないでしょうか。

4years

その基礎学力を、現実的な形として
表現したのだと思います。

週刊誌にも書かれていた
「アルファベットの書き方」
「分数の計算」「原稿用紙の使い方」
といった授業のカリキュラムは、
入学直後のテストで、点数が低かった
学生だけが受講する選択科目。

英語・数学・国語の計24科目あります。

「基礎力 リテラシーAⅠ」の《講義目的》
では、

”中学・高校までの英語基礎を復習、確認し、
大学生に必要とされる英語力の育成を図る
ことを目的とする。アルファベットの書き方、
辞書の使い方をはじめとし、動詞の活用、
名詞の複数形、人称代名詞の変化を学ぶ。
またbe動詞と一般動詞の違いを理解し、
否定文や疑問文を運用できるようにする。
eラーニングにより繰り返しの演習行い、
小テストにより確認する。”

と書かれていました。
使用教材は、田原博幸著の
「eラーニングで身につける 英語の基礎」
(ニュートンプレス)。

また、「基礎力リテラシーAⅠ <初級> 」
には、特記事項として、
”「もう勉強した」は禁句。
確かに過去に勉強した内容が多いかも
しれませんが、それが十分に身について
いない学生のためのクラスです。”

とも明記されていました。

その他、日本語のお勉強では、
動詞、形容詞、敬語の使い方。

もちろん、算数・数学もあります。
分数、小数の計算の仕方まで。

実際に、このカリキュラムを見たい人は、
下をクリック!

基礎科目
http://www.nihonbashi.ac.jp/life/pdf/s2011/s08-11.pdf

また、ネット・サーフで見つけた

「授業はabcから…週刊誌に“バカ田大学”と
書かれた学長を直撃!」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20111014/dms1110141126007-n1.htm

にも出てきますが、

 思わぬ形で“知名度”を上げた格好だが、
こうした声に同大の横山幸三学長は強く反論する。

Yokoyama

批判は甘んじて受けますが、なぜ本学が
 このような選択科目を用意したのか。
  それは、中学高校で(基礎教育が)先送り
 されてきたツケのためです。
  本学は、学生を社会に送り出す“最後の砦”
 として責任を果たします。
 表面だけをとらえてバカにするのは簡単です
 が、これが日本の教育の縮図と考えれば、
 決して笑ってばかりもいられないはずです

まさに、その通りです!
小学校・中学校の義務教育での教育が
キチンとされてこなかった結果です。

出来ても出来なくても
「みんな一緒に!」のかけ声で、
「15の春を泣かすな!」の
 スローガンのもと、
学力未定着の高校生を大量に作ってきました。

 学力も精神年齢も小学生並み、
学習意欲はなく、自己主張のみが増殖された
異常で低レベルな教育実態が、今の日本です。

 現実に高校現場で働く者の実感です。

そんな高校生が、推薦やAO入試で大学に
入っていく。

大学生の就職率が下がった!
当たり前じゃないですか。

学力も社会常識も身についていないのですから。

朝から授業で寝てばかりいるやる気のない
高校生には、「税金返せ!」と言いたいです。

 何で、全員が
「高校授業料無償化」になるんですかね。

インタビューの最後に
横山学長は、次のように”自信”を深めて
締めくくっていました。

私は長らく筑波大で教鞭を執ってきましたが、
本学の学生は非常に素直で何事にも意欲的。
卒業生も愛校心が強く、今回の騒ぎでも動じる
ことはありません。歴史は浅いですが、
本学を笑った人たちには、4、5年後を見ていろ
と言いたい。
派手さはなくとも、世間の中堅層を担う多くの
良質な人材を送り出してみせます

« ”バーレスク” 「焦らしこそ」がエロチシズムの極みという、そのテクに溜息… | トップページ | ”猿の惑星”を観て、C.ミンガスの「直立猿人」を聴きたくなった!一聴に値するJazzですぞお! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ”バーレスク” 「焦らしこそ」がエロチシズムの極みという、そのテクに溜息… | トップページ | ”猿の惑星”を観て、C.ミンガスの「直立猿人」を聴きたくなった!一聴に値するJazzですぞお! »