2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 夢と魔法の国「東京ディズニーランド」の被災状況はどうなっているのか? | トップページ | 「美人時計」、「美男時計」とあるけれど、ついに出現「おっぱい時計」! »

2011年4月 1日 (金)

「こだまでしょうか」の金子みすずの詩の世界へ、少しだけ踏み込んでみた!

やたらと流されているADのCMに
金子みすずの詩が出てくる。
「こだまでしょうか」という詩だ。

ラストの
「こだまでしょうか、
 いいえ、誰でも。」の
「いいえ、誰でも。」が
やたらと心に引っかかる言葉だ。

彼女の詩では、
「わたしと小鳥と鈴と」が有名である。
あの「お空はちっとも飛べないが」
という表現にはびっくりした。
そんなことまで、考えてしまうのか?って。

最後の一文
「鈴と、小鳥と、それから私、
 みんなちがって、みんないい。」
が共感を受けているのかな?

お暇なら、PVをどうぞ!

私と小鳥と鈴と

Watashito

http://www.youtube.com/watch?v=knU4qYmlkqs&feature=related

今回の東日本震災で何となく
感じた詩があったので紹介します。
  最後の一言が、ぐっときます。

金子みすずの詩って、
最後がすごく効きますね。

「失くなったものはみんなみんな、
 元のお家へかえるのよ。」

映像と音楽は下からどうぞ!

090501_1222

「失くなったもの」

 夏の渚でなくなった、
 おもちゃの舟は、あの舟は、
 おもちゃの島へかえったの。
  月のひかりのふるなかを、
  なんきん玉の渚まで。

 いつか、ゆびきりしたけれど、
 あれきり逢わぬ豊ちやんは、
 そらのおくにへかえったの。
  蓮華のはなのふるなかを、
  天童たちにまもられて。

 そして、ゆうべの、トランプの、
 おひげのこわい王さまは、
 トランプのお国へかえったの。
  ちらちら雪のふるなかを、
  おくにの兵士にまもられて。

 失くなったものはみんなみんな、
 元のお家へかえるのよ。

« 夢と魔法の国「東京ディズニーランド」の被災状況はどうなっているのか? | トップページ | 「美人時計」、「美男時計」とあるけれど、ついに出現「おっぱい時計」! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

短歌・川柳・詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 夢と魔法の国「東京ディズニーランド」の被災状況はどうなっているのか? | トップページ | 「美人時計」、「美男時計」とあるけれど、ついに出現「おっぱい時計」! »